北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

霧想雫ではないか! 越後屋、おぬしもなかなかツウよのぉ~~



2012-02-02 15.05.51



お元気様です!!!

日曜日で吟醸酒の仕込を終えました。
これから約1ヶ月間、モロミとしてのお付き合いが始まります。
よろしく吟醸!!



一息つきたいところですが、今度は普通のお酒たちの仕込が
バンバン入ってきます!!
吟醸のときも並行して仕込みを行っていましたけどね。
今は売店限定の“霧想雫(むそうだ)”の仕込をしています。
今年も香り豊かな特別本醸造酒に仕上がってくれるといいなぁ。


上の写真はモロミの状貌です。
僕たち蔵の人間は、これをモロミの面(ツラ)といって
この面で状態を判断します。


上の写真でモコモコしている部分が泡で
それ以外が蒸米になります。


モコモコ部分をアップで撮ってみると・・・


2012-02-02 15.05.59
結構小さな泡の塊なのがわかりますかね?
泡同士がくっつきあったようなモコモコした泡です。


仕込んで間もないので、麹による糖化が行われ
蒸米の澱粉が麹の酵素によって糖化されている最中です。
もちろんこの間にも酵母も増殖していますが、
糖化されている糖分がまだまだ多く、粘性の強い泡として表面に現れます。


日にちがたって酵母が増殖し糖分を食べていくと
徐々に糖分が低下していきます。すなわち、この粘性がさがります。
そうすると、徐々に泡の形状も変化していくんですよね。


その泡の形状ごとに名前が付けられています。
玉泡やカニ泡などなど
そして発酵が進んでいくとこの泡もなくなり
シャバシャバした液体になるのです!!!



上の写真は霧想雫ですが、また成長(発酵)していく様子を
ライブのようにお伝えしていければと思います。




霧想雫と聞いてわかる方、これはもうすばらしい!!!
福司好き認定ですw
霧想雫は売店だけの販売なので、まだまだ知名度は低いんですよね。
一般的には出回っていないので、ちょっとした話の種にでもしてもらえると嬉しいです。


『福司のこれ飲んだことないだろう!!!へへへへ  ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ』


『知らないの!?まだまだですね。これは売店限定なんですよ!!!ヒヒヒ』


っといった感じでどうでしょう?



あるいは時代劇の越後屋とお代官のような会話編


『お代官様、つまらないものですが・・・』



『おお、越後屋・・・・こっ・・・これは!?霧想雫ではないか!
越後屋、おぬしもなかなかツウよのぉ~~~』


とか。




きりがないのでこの辺で(´,_ゝ`)プッ



しぼりたて2012バナー
 完売間近!!今年は気合入ってますよ!!!

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
目指せ50位以内!!

今年の霧想雫も楽しみ!という福司ファンの方も
霧想雫!?知らなかった!!!(。>0<。)っという方も
応援クリックをポチッとお願いします!!(笑)
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・87位





 
にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gifお酒の情報サイト - ほろよい。
 


   




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1821-2b8ffaa8