fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

ぼちぼち吟醸の用意

こんにちは~
食べました!三共パンさんの『カニクリームコロッケバーガー
美味しかったですよ!
モス三共パン
・・・
土俵が違うような気がしました(^u^;)
カニクリームコロッケバーガーは学校のパン(購買とかに売ってそうな)感じでした。なんか懐かしい・・・
大学時代食べた、生協のパンにも似ていたなぁ~


いつも見ていただき有難うございます。
もしよろしければランキングUPにご協力ください

下の絵をクリックして、画面がかわったらOKです♪
↓↓現在のランキング結果は、こちらから見に行けます!! 他にもお酒関係のブログが沢山!面白いブログ探してみてください~☆
   にほんブログ村 酒ブログへ   banner21.gif
 
↑実は・・・ランキング下がり気味なので、皆さん~!ボランティア精神で押してって

本日は年明けの吟醸の仕込みの準備をしました
そんな大そうな準備でもないのですが・・・
年前に吟醸を仕込む蔵もあるようですが、福司は年明けに仕込みます
気温の変化に波があるので
落ち着いた頃に仕込み始めるんです。

吟醸用の麹は他のお酒と違い
麹蓋(コウジブタ)というものを使用して、造っています
吟醸レベルになると、ほとんどの蔵がこの麹蓋を使います
麹蓋を使用するほうが手間がかかるんですよ
普通酒の場合、機会により麹の温度管理をします
まぁ~、自動でファンが回り、空気を循環させたりして温度調整していきます
麹蓋は、見た目は・・・深めのおぼんやバット(料理番組とかで素材をのせたりしているやつ)のような感じですね
素材は木。
この蓋に少しずつ麹になりかけのお米をのせます
そして1枚1枚で温度管理をしていかなきゃいけません
自動のものに比べると、相当大変です。
うちは小さい蔵なので30枚くらいですかね~

手間のかかり具合を例えるとしたら・・・
30枚のシーツをいつもは全自動洗濯機で洗っているのに
壊れて、全部手洗い!みたいな・・・
マジかよーって感じじゃないですか?(笑)

でも、確実にそのほうがいい麹が出来ます
ちゃんとした、いいお酒を造る為に、しなきゃいけないことです。
造り手として、吟醸はもっと希少価値の高いものであって欲しいです
売れるから吟醸とつけて出すのはあまり賛成ではないですね。
今は売れても、きっと後で業界全体の首をしめる事になるよな気もします。

いい酒を造るだけでもダメですしね~
営業と製造が一体となった酒蔵が残れるんじゃないでしょうか?
昔の酒蔵は製造は製造。営業は営業だったようですから。
うちは営業Aさんだけだからなぁ~
僕もお手伝いできるようにがんばんねば・・・



Comment

けんたろ says... ""
今でも多くの酒蔵は、別ですね。
2006.12.18 09:49 | URL | #- [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫けんたろう様
そうですよね~
小さい蔵なので出来ればお互いの意見を尊重しあって
いい蔵造りと言う目標にむかっていかたらな~っとは思っているんですが(^u^;)
2006.12.18 12:56 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/182-eeec303a