北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

北海道にはこんなに酒蔵があったんです。



今日の蔵は珍しく仕込がない1日でした。
仕込がなくても櫂入れや麹の“盛(もり)”という作業など
日々の作業はあります。


蔵の作業は蔵人に任せて
醸し屋は春までにやっておきたい実験を済ませました。




さて、突然ですが
みなさんは古い地図を見つけたときに
知らない街の名前や、知らない国
あるいは、知らない島が載っていたらワクワクしませんか?

もしかして昔はここに町があったのか!?とか
こんなところに昔は島があったのか!?とか



そんな、今はないものをがのっている地図をみつけると
宝探しの地図のようにワクワクするのは、男性ならではでしょうか。



実は何年か前の夏に、醸し屋もそんな地図を見つけました。
自分の知らない時代の地図で、今はないものが書かれていたので
みたときはすごく新鮮でした。



それがこの地図です。

DSC_0495_20120201174716.jpg

現在、北海道にある酒造メーカーは
北海道酒造組合のHP上で13社です。

ここに載っているのだけでそれ以上です。
昔はこんなにあったんですね。
今はないけど、聞いたことのある銘柄はありましたか?


帯広にも2銘柄
名寄にも2銘柄が書かれています。
釧路も福司以外にもありましたしね


“朝日桜”さんという酒蔵がありました。
今でも建物は福司の蔵の下のほうにございます。
琺瑯のタンクも外に置きっぱなしです。
もったいない・・・


これだけの銘柄があれば、北海道の日本酒ももっと面白かったかもしれませんよね。
日本酒のイベントも沢山あったかも!?



もう、この頃のように日本酒の蔵が増えることはないでしょうね。
たぶん少しずつ減る一方です。
ワイナリーはすごく増えていますが・・・・。


僕が大学生の頃、とある先生がおっしゃってました。
『日本酒の蔵は今、淘汰されている。
篩にかけられ、いい酒を作ろうとしない蔵は
どんどんなくなっていくでしょう。
僕はまだ、これからさらに半分くらいまで蔵がなくなると思います。』

って・・・・複雑な気持ちでその話を聞いていました。
その一方、福司は残るんだ!という気持ちが沸いてきたのも事実。


たとえ、これからさらに蔵が減ろうとも
福司は釧路で酒を造り続けます!!
北海道の日本酒をもっと北海道の方に飲んでもらえるように
そして地方の方からも北海道のお酒を知ってもらえるように。





しぼりたて2012バナー
 完売間近!!今年は気合入ってますよ!!!

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
目指せ50位以内!!

北海道にも、こんなに沢山の蔵があったこと
初めて知った方も応援クリックをポチッとお願いします!!(笑)
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・111位





 
にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gifお酒の情報サイト - ほろよい。
 


   




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1817-55043bd6