北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

精神エネルギーを下げるな!感動を取り戻せ!?


クリスマス~が終わったと思ったら
年末で、すぐにお正月が来てしまします。

醸し屋は相変わらず風邪ひきで
マスクの中は滝のように鼻水が流れています。
お正月までには治すのが今年の最後の目標です。




今日、仕事でよくないことがありました。
このブログでは、あまりそういう内容は書かないようにしています。
呼んでくださっている方に元気とおいしいお酒を届けるのが
醸し屋としての使命だからですw


まぁ、凹んでデスクに戻るといつもは目にもとめない
とある冊子の裏側に、こんな言葉を見つけました。
『精神的エネルギーを下げるな。』


普段、醸し屋が気にしていることの1つ
メンタルを下げないよう、下がったときこそあげる努力をする。
最近そういえばあまり意識してなかったことに気がつきました。

前はもっと上げて上げて!!!っと自分に言い聞かせていたのに
いつの間におろそかに・・・だめですね。



そこにはこんなことが書かれていました。
映画監督のスティーブンス・ピルバーグは、自分の映画の撮影に入る前
黒沢監督の『七人の侍』を観るそうです。

それはその映画を観たときに
これこそが映画だと思ったそうです。

その感動をエネルギーに変え、
いい作品つくりに望んでいるんですね。

感動は人のテンションを上げてくれる。
僕もそう思います。


僕は、前にこんな質問をされたことがあります。
人を動かすのはお金ともうひとつは何か・・・・?


何だと思います?
“感動”ですって。

お金がなくてもその人の言葉に感動したら
手助けしたくなりません?
何か熱い思いを聞いたら、俺もやってみよう!ってなりません?
逆に、その想いにみせられて出資する人もいますよね?

そのくらい感動には力がある。
そして、今、人は感動を売り買いしているんです。


この商品があふれる時代に
どこに行っても同じ商品が手に入ります。
スーパーでもコンビにでも、インターネットでも・・・


少しでも安いところで!
っというのが“お金”で人を動かしていることで

お気に入りのショップや接客のきちんとしたお店
雰囲気の好きなお店でのお買い物。
これはそれぞれへの“感動”でお客を引き込んでいるんだと思います。
(詳しく話すと長くなるから省略・・・)


僕たちは商品だけを売るのではなく、そこに感動をいかにのせて売るかが
とても大事になってきます。



商品に感動をのせるためには
その商品自体に物語があることも重要ですが
商品を作り出す人間も感動していることが重要なんです!!!



ってことを、思い出しました。
風邪を早く治して、モチベーションを上げて
年明けからの仕込みにのぞみます!


そして~
もっと日本酒ファンが増えて
福司のファンも増えるように活動していきますね。
まずは僕がワクワクしなきゃ♪




ちなみに、毎年しぼりたて生酒をご愛飲の皆様には
今回のしぼりたて生酒で「お!?福司がまた変わった!?」っと
いい意味で驚いてもらえたらと思います。
これも感動!?

・・・そんな僕もまだ利き酒してませんけど・・・・
造りの感じでは結構期待してます♪



角樽バナー
 お正月明けのイベントにも是非!
そのほかにもお勧めのお酒あります

年始年末バナー
 お歳暮&お年始に。セット商品多数ご用意しています。

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
目指せ100位以内!!


クリスマスと正月が正直、近すぎると思う!
もう少し離れていてほしいと思うのは僕だけでしょうか?
賛成!!!って方は応援クリックでコチラをポチッと!!(笑)
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・97位





 
にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gifお酒の情報サイト - ほろよい。
 


   


Comment

love says... ""
年末、釧路でいつも活性酒をのみます、釧路の食材と福司はピッタリです。このたびは、しぼりたて生酒を飲めそうなので、今からとても楽しみにしております。毎回ブログも興味深く読ませていただいています!これからも、いろいろ、うならせてワクワクさせてください、応援しておりますよ~
2011.12.28 17:40 | URL | #- [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫love 様

コメントありがとうございます!
やはり地元の食材には、その地元の酒が1番ですよね。水もそうですが人や空気、すべてがそう思わせてくれるファクターなのでしょう。

季節もののお酒は、その時期だけですから、
是非楽しんでお帰りください!
生酒の発売は1月13日を予定しています!

今年のは一味違うので、是非お楽しみに!!
2011.12.28 18:48 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1793-6da5e62d