FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

初心にかえり、久々に作ってみました!!



吟醸の仕込みもラストを向えました。
一番初めに仕込んだモロミはかすかに吟醸の香りがしています。
分析用のロートにとったモロミからいい香りがするんです。


今年、年を明けてから仕込んだモロミは
もう少しで搾りをむかえるので
搾る機械の準備も始まりました。


しぼりたてのお酒を保管するタンクの洗浄
あるいは、修正が必要な場合は特殊な素材を使い修理していきます。



お酒を貯蔵するさい、気をつけることは殺菌。
それとタンクの状態です。
タンクの呑み口のパッキンがダメになっていたり
タンク内の琺瑯がはげていたりすると
貯蔵した際に品質を低下させる恐れがあるからです。


蔵人一同、真剣にタンクの洗浄&修繕をしています。



仕事の合間の休み時間。
醸し屋はネットでツイッターやブログの確認
あるいは霧福屋のチェックやメールの返信をするようにしています。
今日は少し時間があったので久々にこれを作ってみました。

2011-02-02 17.05.58

本当に僕が入社したての頃、売店で“ご自由にお持ち下さい”と置いていた
“手作りコースター”です。
醸し屋が厚紙を切って
ゴム版を掘って作ったスタンプを押した、
正真正銘の手作り。なので無料ですw


これを知っている方は結構レアだと思います!!
もうほとんどの方は知らないはず。


当初は、小さな手作りの売店で(今でもだけど)
わざわざ足を運んでいただいても、見学も案内していなかったし
限定酒やアイテムもありませんでした。
でも、わざわざ遠方より足を運んでくださるお客様に
せめてものありがとうの気持ちを届けたく作り始めたものです。


最近はサボってサッパリ作っていませんでしたが
久々に作ってみました(まだちょっとしか作ってませんが・・・)



実はこのコースター、素材が普通の素材ではないんです。
これ、お酒を濾過する際に使用する“ろ紙”を
使用後に乾燥させて切ったもの。


初めて蔵での作業をするようになり
あの薄い理科の実験に使うような濾紙しか見たことがなかった醸し屋は
蔵で使う濾紙の厚さ、丈夫さに驚かされたんです。

濾紙は液体を通すもので丈夫。
でも使用後は廃棄処分されます。
なんかとっても勿体無く思っていたんです。


あるとき飲食店へ行った際、コップの下に引いてあるコースターを見て
これになら利用できるかも!?っと思い作ってみました。
本当に手作りで恥ずかしいですが
どうせ処分されるのでしたら、皆さんの飲みの席で少しでも話題になってからのほうが
きっと濾紙も本望でしょう(笑)



とりあえず、この手作り濾紙コースターは
近々売店に置いておこうと思うので
ご利用の方はご自由にお持ち下さい  (*゚▽゚)ノ



時間があれば、もう少しクォリティーの高いゴム版作りたいなぁ・・・







無題
▲新米新酒第二弾!無濾過の“しぼりたて生酒”




banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!



初心にかえり何かをすると、なにかを見つけれる気がします
濾紙コースター、ちょっと見てみたい、
あるいは欲しいと思ってくださった読者様
日本酒を盛り上げるためにもクリックで応援、お願いします!!(>ω<)ゞ
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!


上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・66位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 

   

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1543-f59e787c