北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

味覚を育てるには。



皆さん、12月24日 クリスマスイブですよ!!
今日はいつもよりワクワクな方も多いのでは??
一方、お財布が寂しくなった方もいるんじゃないでしょうか?(笑)


そんな全ての方へ、お元気様です!!


醸し屋は本日、今年最後の米の入荷の対応をしておりました。
よりによって昨日は大雪だったじゃないですか・・・
なのでまずはリフトが動けるように雪かきからスタート。

朝一は、まだ凍っていたので
途中、配送の助っ人に入り
お昼前から雪かきタイムです。


何とかでこぼこはなくなったものの
ツルツルには変わりなし・・・
しかも、溶けた雪が雨水になって屋根から降ってくるんです。
米は紙袋に入ってきますが、水分は大敵です。


でも、何とか吟風と彗星の搬入は終了しました。
よかったよかった。




そうそう、昨日の甘酒の配布ですが
あの悪天候の中、沢山の方にご来場いただきました。
ポキッと折ったら光るやつを使って行われた抽選会も大人気
クリスマスということでシャンパンや末広のお店のお食事券などが
かなりの確立であたっておりました!


一番面白かったのが、1等は任天堂さんのDSだったんですが
子ども達が楽しみにしている中、当選したのは
恐らく開場で一番年配なんじゃないかというおじいさん。
子供たちもガッカリ&恨めしそうに見ていましたね。


醸し屋はその中で甘酒の配布をcolonのオーナーさんとしておりました。
そこで思ったことは、甘酒って大人の飲み物なんだなぁって。
子ども達はココアやカフェオレを飲むのですが
大人の方は甘酒なんですよ。

缶のジュースって保存料とか入っているでしょうが
甘酒は無添加ですから、子どもにとっても
無害な飲み物のはず・・・
なのに、大人は子どもにココアやカフェオレをすすめ
自分が甘酒を飲むんです。


甘酒は基本アルコールはいっていません。
“酒”という字が入っているから子どもに飲ませるのに抵抗があるのでしょうか?

最低でも10分以上の加熱をして調理し
尚且つ、飲む前にも30分近く熱して温めるので
アルコールは飛んでいるのですが・・・・


でも、今の子どもにとっては甘酒よりも美味しいジュースがあるので
あまり甘酒には興味がないのかな??

ちょっと話がずれますが、味覚の話をしたいと思います。
僕は味覚は普通の方より敏感な方だと思うんです。
利き酒でも味の方は間違えることは少ないんですよ。


でも、鼻はよくないんです。
鼻炎なので、香りには敏感ではないんです。
それでも職業上、訓練はしてきました。

味覚が敏感だと、味がわかると判断され
いろいろな美味しいものをおすそ分けしてもらえたり
ちょっとラッキーなこともあるんですよ♪


じゃぁ、味覚って遺伝なのか?っと考えた時に
そんなことないんじゃないかと思います。
あれって、小さい時にどれだけ味覚をそだてたかで
大分違うと思います。

僕が子どもの頃は、親が結構厳しくて
飲み物はかなり制限されていました。

基本飲んでいいのは水、牛乳、お茶。
甘いものでは100%のフルーツジュースとポカリスエット。
これ以外のものは口にした覚えがあまりないっす( ̄◆ ̄;)


炭酸は骨が溶けるってさ(笑)


たまにお祝いなどがあると飲ませてもらえましたね
クリスマスのシャンメリーとかヽ(´▽`)/

しかし、そのお陰で味覚が育ったんですよ
食事も、離乳食の時点から昆布と鰹の出汁をとり
それを使って作ってくれていたそうです。
お陰で出汁の味はすぐにわかります。


皆さんの子どもの頃はどのような食生活でしたか??


今の子ども達は沢山のいろんな味のものが市場にあふれているじゃないですか
それを大人が気にもせずに、スナックやジュース、
インスタント食品にファースドをあたえる。
そうすると味の基本を覚える時期に、味の濃いもので
味覚が鈍感になってしまうように思います。


そこまで気を使う親も少ないでしょうけど・・・


でも、もしこれから親になる方や
今、子育てをされている方は、子どもの“味覚”に関しても
もう少し興味をもたれたほうがいいとおもいます。

食事をすることは、生きてく上でとても大切なものです。
人体に有害か無害かも判断できます。
繊細な味覚を持っているだけで、色々なものの美味しさを感じることが出来ます。
それだけでもとっても幸せなんですよね。


子どもに手料理をつくり、味覚を育ててあげるのは
とても大事な親の役割だと思います。


僕が親からもらった一番の財産は
この味覚と感性かなぁって思っています(◎´∀`)ノ
味覚を育てることを意識してくれていた親に
感謝です!!!!



img55763964.jpg
▲明日発売、新米新酒のどぶろく風にごり酒 活性清酒 “純生”
蔵の在庫も残りわずかです。
霧福屋でのお買い物はお早めにお願いします!!



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!


甘酒の残りはcolonさんにて振舞ってもらえることになりました!
24日、25日はcolonさんへいってみましょう♪

味覚ってある意味英才教育かも!?
美味しいものを美味しく感じれる味覚は大事ですよね??
日本酒を盛り上げるためにもクリックで応援、お願いします!!(>ω<)ゞ


上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・89位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 

   

Comment

道東膝栗毛 says... ""
わかりますよ~
子供の味覚・・・

1・2番目は大事に大事に育ててきたので
非常に味に敏感で
大きくなってからでも
ちょっとでも化学的な変な味がすると「苦い!」と表現して食べません。
変な脂身もダメですね。

3番目からは適当だったので、辛いものは平気だし
小さいころから炭酸も余裕だし・・・
どんどんひどくなっていきます。

でも、よその子でも、今の子供達の味覚は恐ろしいですよ。
幼児の頃から平気でガリを食べたりキムチを食べたり。

もちろん気をつけている人はちゃんとやっていますので
両極端なのかもしれません。
2010.12.24 20:53 | URL | #- [edit]
もーりー says... ""
こんばんわ 味覚って大事ですよね
自分が子供の頃も無理やり親になんでも食べさせられたおかげで味覚が養われたと思います
(嫌いなもにもありますが)
そういえば昔うちの親もコーラは毒ジュースだからだめって(笑)でもサイダーはいいんです笑) 
今はチェーン店の画一された味に慣れてる人が多いでしょうそういう店の味って
全然美味しいって思わないのですが今の人はそれがお袋の味なんでしょうね。

よくラーメン屋さんとかの話であそこは旨い、あそこはマズイの2極端な話をする人ほど味覚がおかしい
気がしますね。人が旨いといえば自分も旨いという人も多い気がします
自分の味覚が信じられなくなっているんでしょうか?
2010.12.24 23:22 | URL | #Ao2/Iifk [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫道東膝栗毛様

コメントありがとうございます!

3つ目のお子さん、要注意ですね!!
確かに気をつけている方もいるんですが、中には子どもの歯は生え変えるんだから虫歯とかになっても気にしていない方も居る様で・・・恐ろしいです。


ちょっと意識するか、しないかだけで子どもの将来が変わるというのは、これから親となる身としては恐ろしいです・・・


あ!まだ親になる予定は無いのですがね(^-^;)
2010.12.27 18:26 | URL | #A1vz8dvw [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫もーりー様

コメントありがとうございます!

嫌いなものも無理やり食べさせるのはある意味、正解かもしれません。アレルギーとかそういうのはダメですが。
母は、子どもがはじめて食べるものを嫌がるのは舌がなれていないからで、そこで嫌いなんだと親が思い与えなくなると、子どももその味が苦手になってしまうという話をしていました。

その可能性って大いに有ると思います。
親の影響力ってそれくらい大きなものなんですよね。

信じられないというか、自信が無いんだと思います。
周りの人間が美味しいと思っても、それのどこが美味しいのかわからなかったら、自分が味覚障害では?って思っちゃうんだと思うんですよね。

僕は鼻が悪いので、細部まで嗅ぎ分けれません。
でも、敏感な人がバラの香りがするといったり乳製品の香りがするという微妙な違いを覚えて、“こういうときはバラの臭いなんだ”ってインプットするようにしているんです。

敏感じゃなくても十分補えるので、そういう人はまず、よく感じ取る訓練をすることだと思います。
2010.12.27 18:36 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1516-3d2dd89d