北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

蒸したての酒米で作る、酒蔵の秘密餅とは!?


今日は寒かった、今晩には雪が降るという予報も出ていますが
そんな釧路よりお元気様です!! (*゚▽゚)ノ

釧路の小高い丘の上にある
蔵の2階より今日も元気に発信します醸し屋日記。
今日の話題は日本酒の原料でもある蒸米です。
今までは生のお米でしたが、今日は蒸したお米ですから
ちょっと美味そうなお話でしょ??



朝もまだ冷え込んでいる時間に
白く登る蒸気。


蒸したてのホックホクの米は
おなかが空いているととても美味しそう(笑)



と思えるのは初めのうち!!
その数量仕込み最盛期の時では1000kgに近い米を蒸していきます。
1000kgですよ!!!!(||´Д`)



それだけのお米を前にしても食欲おおせいでいられる人間はいないでしょう・・・
たとえギャル曽根でも食えなかろう(´,_ゝ`)フッ



10kgの米袋だと100体
100体の米があれば皆さんの自宅ではどのくらい持ちますかね?
結構な期間食べれるんじゃないでしょうか?


そのお米が、福司で一日で使うお米の量です。
勿論少ない時もありますが、それがほぼ毎日の様に使われるんですから
日本酒を造るのにどれだけのお米が必要なのか
ちょっと想像してもらえるんじゃないでしょうか?



おっと、ちょっと美味しい話からずれてきておりますね((・(ェ)・;))
実はこの蒸したお米を使って作る、蔵の人間しか食べることが無い
珍しい食べ物があるのはご存知でしたか??
それがこれ。


DSC_0161.jpg


他の蔵元のブログをご覧の方でいたら聞いたことがるかも知れませんが
蒸したての酒米を使って作られる“ひねり餅”というものです。
蒸したてのアッツアツの米を手で練りつぶして作られることで
ひねり餅という名前の様です。


このお餅、蔵人のおやつの為に沢山作ります・・・・



っていうのは冗談で(笑)
ひねり餅本来の目的は、米の蒸した状態を見る為に作られるんです。
手のひらでつぶした感触、肌触りなどから
その日の吸水、水切り、蒸しあがりの状態をみて
翌日の仕込みへと繁栄されるのです。


やはりこれは、経験が必要ですよね(^-^;
例えば麹米は外硬内軟がよいといわれます。
お米をつぶしてすぐ潰れちゃうようでしたら軟い蒸米ですし
逆に潰れなければ硬い蒸米ということです。
蔵それぞれでその硬さはそれぞれですが
それが蔵の味という物でしょう。


ちなみに釜や甑によっても蒸しあがりに差が出てくるんです
それくらい繊細なものなんですよ。
福司には2つの釜があるので、その釜によって浸漬時間を変えたりもします。




今回、このひねり餅を作ったのは社長です。
赤と青の斑点模様の日本手拭を頭に巻き
蒸したお米を醸し屋の掘ってる横で取り
作ってくれました。


「ホレ」って(笑)


これ自体、そんな味のするものではないので
醸し屋はこれをこんがり焼いて醤油をつけて食べるんです。
本当は醤油を付けながら焼きたいところですが
焦げちゃうので・・・



イメージとしては秋田のきりたんぽの様な感じだと思うんですよ。
これは蔵で仕込みをしていないと食べれない
蔵人の証の一つですね!!


会長に聞いた話では
昔、福司にいた釜屋さんは
ウサギとか色々な形のひねり餅を作ってくれたそうです。
今でもそんなひねり餅を作れる職人さんもいるんだと思うんですが
福司には・・・・


機会があれば教えてもらいたいと思います!!
ではまた明日まで!!チャオ~(◎´∀`)ノ


20101103_pgs_468x60.jpg
▲ 購入済み商品か購入ショップのレビュー(感想)を1回書き込む毎に
1ポイントをプレゼント!既に画像・動画を投稿された場合も、ポイントアップ!
開催期間:2010年11月 3日(水)10:00~ 11月30日(火)23:59



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!


ひねり餅体験をしてみたい・・・っと思った方は
日本酒の応援も兼ねてクリック、おねがいします!(>ω<)ゞ
暦は12月になりました、
さて、今月はRanking上位狙っていきましょう
皆さんポチポチ押してください!!!!!!ガオー


上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・91位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 

   

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1499-4b92f69f