北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

酒蔵で米を1000粒計る裏技!


お元気様です ( ゚Д゚)ノ゙ ガォー!!


本日、蔵ではいつもは人間がやる醪を撹拌する作業を
撹拌機を使って行ないました!

「いやぁ~こんなに楽ならもっと早くに使っておけば (゚▽゚*)」

って思っていたら・・・
結局、キチンと撹拌されておらず、
櫂棒で混ぜなきゃいけないことになり
作業の量が2倍になってしまいました (;・∀・) アリャァ~

やはり人間の手作業が一番なのかと思わされた1日でした。



さてさて♪
金曜日にお話しました、お米の精米歩合の測定方法のお話ですが
お米の白米と玄米、それぞれの米粒を1000粒数え
その重量で精米歩合が何%なのかを見る方法をお話しましたが


1000粒数えるのにチャレンジしてみた人なんかいないですよね??(笑)


丁度、酒恋倭人様がすばらしいコメントを下さったのでご紹介!!
『1000は、一粒づつ手作業で数えるんですか??』


すばらしい!!この質問を待っていました!!
ありがとう酒恋倭人様 (≧∇≦)



そう、1000粒を数えるのはちょっとしんどいですが
実はこのお米1000粒を簡単に数える裏技があるんです!!!
なんか“伊藤家の食卓”みたい!?





裏技というか、秘密兵器があるんです♪


DSC_0119.jpg

これがその秘密兵器!
じゃじゃじゃぁ~ん“穀粒計算盤”というもの。

盤にはこのように小さなくぼみがあります。

DSC_0120_20101129171952.jpg

ここにお米を乗せ

DSC_0121.jpg

揺らすと・・・・
この溝の部分にお米が入りこむというもの

DSC_0123_20101129171952.jpg

このくぼみが10列×10列で計100個。
1度に100粒が数えられるんです。
これを10回行い、整粒だけを数えて重さを量るんです。
そうすれば真の精米歩合が算出されるというわけです。

これなら楽でしょ?

そして、これがあまりに違うようでしたら
勿論「どういうこっちゃ!!!!(#`Д´)」って、問い合わせします。
米が取れない地域で酒造ってるからって馬鹿にするなよ!!!ってね(笑)
昔の精米会社さんで酷い時には写真を添付したこともありますが
今ではそんなことも無いです。

信用していますが、管理の為に一応行います。

精米も正確に50%とかで本来は出るはずが無いもの。
乾燥等から割れてしまうのは当たり前。
多少のずれはあるべき、むしろ無い方が疑わしいかもしれないですよね。


ちなみに、今回撮影したのは玄米サンプルなので黄色いですが
精米された吟風なんかは、もっと小さくて白いんですよ。




20101103_pgs_468x60.jpg
▲ 購入済み商品か購入ショップのレビュー(感想)を1回書き込む毎に
1ポイントをプレゼント!既に画像・動画を投稿された場合も、ポイントアップ!
開催期間:2010年11月 3日(水)10:00~ 11月30日(火)23:59



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!


蔵ではこんな作業もあるんですね!っと思った方は
日本酒の応援も兼ねてクリック、おねがいします!(>ω<)ゞ

もう少しで今年最後の醪の添仕込みが始まります
長いようであっという間だったなぁ~

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・91位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 

   

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1498-c6b2fae1