北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

魅惑の写真


ど~も~
先日、酒の肴の作り方が出ていた雑誌を見て
急にその肴を作りたくなった醸し屋です。


皆さんはそんなことありませんか?


それはエビの塩辛で
頭つきのエビのミソの部分と和える物だったんですが、
写真が美味しそうで、ついつい日本酒をそれで飲みたくなっちゃったんです。


急いでスーパーに走り頭アリの刺身用エビを購入♪
ついでにタラコで偽カラスミつくりをしようとして小さめのを買ってきたら
パッケージを開けてビックリ!

小さめのが3腹入っているのかと思いきや
斜めに切って有るのが上手にパッケージされているもの。
これでは作れないじゃないか!!!(≧ヘ≦)
偽カラスミは諦めて、塩からつくりへ。


本では“車えび”を使用していたのですが
お高くてそんなの変えないし・・・・
似た系統で、身がプリプリしていそうなボタンエビも売っていたのですが
それも高い・・・

仕方なくアルゼンチン産の大ぶりのエビを購入して作ってみました (◎´∀`)ノ
頭をとって、背綿を抜き
ミソと身を酒で洗う。
でも、安いエビのせいか、ミソを酒で洗うと
どろどろに・・・・∑(゚∇゚|||)


塩は表面が白くなるまでと書いてあるので
沢山振った結果・・・・


塩辛すぎた Σ(;・∀・)
塩辛というくらいだったから、気前良く塩しすぎたようだ
もう少し甘めの方が乙ですな♪
勉強なりました。



なぜ、急に酒の肴を作りたくなったかというと
もともとは雑誌にのっていた写真が美味しそうだったからです。
勿論エビが好きなせいも有るんですが、
それだけ写真って大事な役割を持っていると思うんですよね。


言葉でそのものを伝えるよりも
よりリアルにその状態を共有できる優れもの。



でも、同じものを撮っても雑誌の様に上手に撮れません。
さすがプロです!
醸し屋もネットショップやブログを書いている手前
写真の効果は非常に重要だと思っています。


そんな矢先、本日colonさんでnewイベント“大人会”が開かれるんです。
第一回目は醸し屋が日本酒の楽しさをレクチャーした、あのイベント。
今回は2回目で、もとカメラマンの方に講師をしていただき
写真の撮り方等を教わって来たいと思います!!!


どうしましょう!


明日から醸し屋のカメラの腕がグググ~~~~ンっと上がり
霧福屋、及びブログの写真の質が上がるかもしれません!!(笑)

そして皆さんもブログの写真をみて
ついつい日本酒が飲みたくなる症候群に襲われるような
魅力的な写真を撮れるようになったら・・・・



くっくっく   へ(´∀`ヘ)



次回からブログを読むとなぜか日本酒が欲するような写真になり
皆さんを誘惑しちゃうかもしれませんよ~(笑)




よし!沢山吸収してくるぞ!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【超限定】 斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく 
毎年5月1日に発売されている、鑑評会出品酒と同じ枠で別取りされた
貴重な斗瓶どりの吟醸原酒をコッソリ発売してます。
今年の分は残りわずかです!お早めに~
・ 斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく 三日月バージョン イ号タンク
・ 斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく 満月バージョン   ロ号タンク完売
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【蔵元限定酒】特別本醸造 霧想雫(むそうだ)
無題1
▲ 好評発売中!!
banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

【現在のRanking・・・74位】 なんとか100位以内に戻った!
醸し屋の写真の腕が上がって、
このブログが魅力的になることを祈願して・・・
ここは一本締めならぬ、ワンクリックで(笑)
美味しい日本酒の未来の為にクリックでRankingにご協力を!!!c(>ω<)ゞ
ついでに上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1385-5253f3bb