北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

今回のキーワードは“楽しく学ぶ”こと


本日は雨の釧路。
連休中の温かさはどこに行ってしまったのだろう??
本当に寒いっすね。


そんな醸し屋は日本酒講習会にワクワクです。
いや、正確にはドキドキです・・・・
もう進行もプログラムも出来ましたが
肝心の経験が無いもんでして、後は度胸でぶつかるまでよ!
って腹をくくることにしました(笑)



今回のキーワードは“楽しく学ぶ”こと



お堅い講習会のようなものではなく
本当にラフに行っていこうと思います。
まぁ・・・・皆さん身内の会の会員さんなので
醸し屋らしく楽しく行えたらと思います。


僕も色々な講習を受けましたが
やはりワクワクする講習って実践型だと思うんですよね。
人数もそんなに多くはならないでしょうから
利き酒の実践をしてみようと思います。


あとはお寄せいただいた意見の中にあった
本醸造酒とか純米酒とかの区別や種類についてですよね。
コレを醸し屋流で簡単に覚えれるように説明しちゃおうと思います!!!
初心者向けということですから、精米歩合がウンヌンカンヌン
原料がウンヌンカンヌン・・・そんな話ではなく
味や酒質の特徴をお伝えしながら

「純米酒はこんなお酒です!本醸造はこんなお酒ですよ!
ほら!こんな味でしょ?コレが特徴なんですよね!!
本醸造と純米酒と吟醸酒・・・・こう覚えると分かり辛いので
こうやって覚えてみて下さい!ほら!簡単でしょ?(*゚▽゚)ノ」


っていった感じの
簡単なところで説明していこうかと思ってます。
前に、そういう講演会などの経験が豊富な方の話を聞きにいったんですよ
そうしたら、初心者が知りたいところって
「入り口じゃないんですよね
出口が知りたいんです。」っていわれたんですよ。


個人的に忘れていた感情でした。
僕なんかは教科書で勉強した人間ですから、
日本酒の話しとなると製造方法は・・・・とかってう
お堅い話になりがち (@Д@;

知識のある人にはそれでいいんでしょうが
初心者の方にそれじゃダメなんですよね。
まずは日本酒の美味しさと面白さを知ってもらうことが大事。
“日本酒を美味しく楽しく飲むためのワンポイントレッスン”と題し
和気藹々、このブログ調に話が出来たらと思っています。



あともう少し煮詰めないといけないのですが
どうやって参加者の方々に“参加”してもらって会を成功させるか
充実感をどうやって作り出すかですね。
インプットだけではなくアウトプットを行うことが
本当の意味で日本酒の勉強になるのかと思います。


今回上手くいったら、個人的に企画して
定期的に行えたらと思っているんですよ。
ちょっと会員の皆さんには申し訳ありませんが、
一般の皆さんの為に実験台になっていただきますよw


いやぁ~
冷や汗もんっすね(´Д`;≡;´Д`)アワアワ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【超限定】 斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく 5月1日発売予定
毎年5月1日に発売されている、鑑評会出品酒と同じ枠で別取りされた
貴重な斗瓶どりの吟醸原酒をコッソリ発売いたします。
例年通り数量が限られていますのでご了承下さい。
・ 斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく 三日月バージョン イ号タンク
・ 斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく 満月バージョン   ロ号タンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【蔵元限定酒】特別本醸造 霧想雫(むそうだ)
無題1
▲ 好評発売中!!
banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

【現在のRanking・・・76位】 目指せ50位以内!!
醸し屋が青白くなって講師役をする日本酒講座
いつか参加してみたい( ´艸`)プププ  っと思った方
興味がある方は是非是非!
美味しい日本酒の未来の為にクリックでRankingにご協力を!!!c(>ω<)ゞ
ついでに上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。





にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1309-531cfc99