北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

福司 蛇菅火入れ【2日目】


皆さんお疲れ様です。
本日の福司では2日目の“火入れ”が行われました。
結果からいいますと、何とか無事に終了してよかったっす。
20100405133957.jpg
火入れが終わったお酒には、こうやって入り口に和紙を貼り
半年間、蔵でじっくり貯蔵するんです。


コレで、気分的にはとりあえず今年の仕込みは終了って感じかな(^-^)


半年間応援してくださった皆様に
本当に感謝です。
まだ片付け等も残ってはいますが
一段落を兼ねて一人居酒屋ゴッコですかね(笑)
でも、今月よりジムに通い始めたので
割合的にはジムにいく確立が増えるはず!!!そう願う!


今期の造りで体重は約5キロ落ちました。
コレを夏場キープできればいいのですが
そうは問屋が卸しません!!!!
このまま夏にキープしたら・・・・
来年も-5キロ・・・・再来年も-5キロ・・・フフフ
とらぬ狸ですが、含み笑い程度ならいいでしょう ( ´艸`)プププ



さてさて、本日は火入れ2日目ということでして
昨日のブログ中に書きました
殺菌といえば100℃などを思い浮かべますが
何で65℃前後で日本酒は殺菌されるのでしょうか?
っというところを書いていこうかと思います。


まず、日常的な殺菌といえば100℃の熱湯で行う
煮沸消毒というイメージですよね。
確かに殺菌されているようです。
お酒も煮沸消毒を行い消費者に安全にお届けすれば


みんな Happy ヽ(´▽`)/




・・・・か!?
飲んでビックリ!“なんじゃこの酒 ヾ(*゚A`)ノ”
ってなるような気がします。



お酒にとって最も大切なファクター
アルコール
コレを摂取する為に飲酒しているわけですからね。
アルコール = エタノール といいます。
きいたことありますよね??


同じような名前でメタノールという物質もありますが
こちらは飲むと失明するといわれているので注意です!


ちょっと中学生の理科的な話になるのですが
このエタノールにも水と同じように沸点があります。
真面目に勉強した大人の皆さんなら、説明しなくても分かるでしょう。
その沸点が、実は水よりも低い78℃です。

こうなると仮に100℃で殺菌していたら
アルコールは沸点を越え、蒸発してしまうんですよね( ̄◆ ̄;)


こりゃぁ~、コレだけでも困ったもんですが
実は同時に、日本酒の大事なもう一つのファクターも失うんですよ。
それが“香り”
香りの成分エステル系も揮発性の物質のため
温度が高くなると揮発してしまうんです。


香りもアルコールも無かったら
何とつまらない日本酒でしょう(;;;´Д`)
逆にこの性質を利用しているのが焼酎ですがね。


そこで、殺菌と品質保持の両方をにとって最適な温度を!
っと、我々のご先祖様があみ出した伝家の宝刀が低温での殺菌。


僕が思うに、コレ1つをとっても杜氏の磨きぬかれた業だったのでしょう。
今でこそ、“火入れは65度前後”なんて公になっておりますが
もともとは各蔵、各杜氏があみ出した秘密の方法だったに違いない!!
感覚的に受け継がれてきたものがいつしか数字になって現れてきたのでしょう。


この低温殺菌は、現在では牛乳の殺菌に使われていますね。
低温殺菌法の英語名はpasteurization(パスチャライゼーション)。
この語源ともなっているルイ・パスツールというフランスの細菌学者さんです。
今でもパスツール研究所というのがあるくらいです。


そんな偉大な先生が1862年に、のちの低温殺菌法として知られる最初の実験を行い
この世の中に低温殺菌を広げたのです。



んがぁ!!!!щ(゚Д゚щ)
その100年以上も前から我々のご先祖様は、この殺菌法を活用していたというから
その後、日本酒を研究し始めた海外の学者さんは驚いたそうな!!!
ご先祖様は研究し、解明していたというわけではないにせよ


世界の大発見の100年以上前より行われていたことは事実。
皆さんはご存じなかったでしょうが
隠れた日本の誇りが、日本酒には沢山あって、
今もなお、日本酒の製造に活きているのです。


“素敵 日本酒”  ですね (≧∇≦)


いやぁ~、今日のブログはながかったぁ・・・・っというのも、
明日、醸し屋は札幌日帰り出張のためブログは更新できても
携帯からになってしまうので、その分今日ガッツリ書きました!!
では、またぁ!!バイビー(◎´∀`)ノ




【現在のRanking・・・45位】 40位までとどきそう・・・・
隠れた日本の誇りが、日本酒には沢山あって、
今もなお、日本酒の製造に活きているなんて素敵だなぁっと
日本酒惚れ直しました!っていう方は
醸し屋のいる福司と釧路の応援クリックでRankingにご協力を!!!c(>ω<)ゞ




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 


Comment

たまころり。 says... ""
ご無沙汰です。
そして、お疲れ様でした。
火入れも終わった様子で…。

この日のブログ非常に為になりました。
ほんと日本酒ってすごい深い…こういう話を
聞くたびに昔の人ってすごいなぁなんて思っちゃいます。


さぁこちらも来週から火入れに入ります!!
2010.04.08 22:27 | URL | #- [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫たまころり様

コメントありがとうございます。
折角コメントいただいていたのに、返事がおそくて申し訳ありません。

こちらでは火入れ、無事に終わりました
今日から火入れでしょうか?
無事に終わることを北海道から祈っています。


日本酒って知れば知るほど凄く神秘的ですよね。
しかも、それを昔の人は知ってか知らずかやっていたのですから、不思議だらけです。素敵なおさけですよ、日本酒は(笑)
2010.04.12 18:28 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1249-5c534d91