北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

袋で吊って雫でとるのは


今日、首吊りをしました・・・・





Σ(゚д゚lll)アブナッ !





まるで自殺志願者!?のような発言にも聴こえるかもしれませんが
“首吊り”というのは袋で吊るして搾ることを言っていて
決して人間様の首ではございません

醸し屋が何日も前から、毎日水を取り替え
手洗いしてきた袋が、今年初のデビュー戦です
わが子が巣立つ親鳥の心境・・・

その一方、不安もありました。

・ちゃんとキレイになったかな?
・変な臭いとかついて無いだろうか・・・・

などと心配しながらの搾りでした。
一生懸命、三日間寝ないで造った麹や
気の抜けない温度管理をみんなでしてきたのに
最後の最後で変な臭いがつきました!?
なんて事になっては申し訳が立たないですからね。

このことを考えると、酒造りにおいて
“物を洗う”というこういがどれだけ重要かと思い知らされます。



本当は袋に入って吊るされている醪達の写真を
ドド~ンってTOPに載せようと思ったのですが・・・・
なんだかバタバタと後片付け等をしているうちに
ついうっかり写真を撮りそこね・・・


気がついた頃にはかなり搾った後の
しぼみかけの袋だったので
かっこ悪いから載せないでおきます (^-^;



でも、袋ではないですが
こっちはバッチリ撮れました(≧m≦)
DSC_1162.jpg
滴り落ちる酒の雫を
大きなビン(斗瓶)に集めている様子です。
この中にしぼりたての吟醸酒が入っています。
全国の出品用です♪



袋で吊って雫でとるのは
普通の搾りと比較してどう違うのか?
疑問に思ったことてありませんか?

自然の力(重力)で搾ると
圧力をかけたお酒に比べて
雑味が少なく、きめ細かい酒質になるように思います。
優しく丸みがあるというか・・・


それってどんな味?
っと気になっている方!
実は、霧福屋と直売店でのみ限定で発売しております!
“斗瓶どり吟醸原酒 月の満ちかけのごとく”というお酒で
超限定なので気になる方は、このブログをチェックしておいて下さいね!
今年もお楽しみに♪


▼ “しぼりたて 生酒”発売中 ▼
無題
■ 【冬季限定】福司 無濾過滓絡み しぼりたて生酒 720ml
http://item.rakuten.co.jp/kirifukuya/kizake-720/
■ 【冬季限定】福司 無濾過滓絡み しぼりたて生酒 1800ml
http://item.rakuten.co.jp/kirifukuya/kizake-1800/



【現在のRanking・・・90位】 目指せ50位以内
袋つりの搾ったその場で利き酒してみたい!
どんな味か気になる!今年の出来が気になる!っと思った方は
日本酒と福司と釧路の応援クリックよろしくお願いします(RankingへGO!)




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1188-a17893b8