北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

本当に搾ってすぐにしか味わえない感覚


昨日も寒かったですが、今日も寒かったですね。
朝から色々な器具が凍って大変でしたよ。
どうやら明日も寒いようですね。
皆さん風邪など引かぬように、暖かくして寝ましょう♪





本日の【蔵LIVE-BLOG】。
っと・・・その前に、仕込みが始まり3ヶ月が経ちました。
早いもので甑倒し(こしきだおし)まで約1ヶ月です。
甑倒しというのは仕込みを終えて、お米を蒸す甑をしまう行事のことをいいます。
この日を境に、新しい醪が作られることは無くなり
残るは仕込んだお酒を搾る工程となるのです。
造りの間としては小休憩というか・・・
大きな一区切りみたいなものです。

その日まであと1ヶ月か・・・・
頑張ろう♪
その頃には“蔵開き”というイベントもあります。
ぜひ起こし下さい。(◎´∀`)ノ



さて、今日は今年になって1本目の搾りを行っています。
お酒を搾る時って、なんともいえないニンマリ顔になってしまうのは
僕だけでしょうか??
だってしぼりたてを利き酒できるんですから♪


どうだ!羨ましいだろ~~(笑)


っといっても、品質を見るためのもので
味見とはちょっと違いますよ\(;゚∇゚)/
DSC_1139.jpg
福司のロゴ入り蛇の目猪口(大)
雑貨屋なんかで取り扱われている厚手の猪口ではなく
薄手で口に当たる感触がいい。
この蛇の目猪口もそこそこ古いもので
ナンバーが1から100までのがあるはずなんですが
無いものもあります。

今回は撮影のためわざわざ出してきました。
コップや柄杓よりも“利き酒”って感じがでるんじゃないでしょうか?
一口、口に含むと新酒ならではのピリピリっとした感じ
まだ炭酸ガスが抜け切っていない舌触りです。
これは少し置くと抜けてしまうので、
本当に搾ってすぐにしか味わえない感覚の1つですね ( ̄ー ̄)ニヤリ


香りも搾る前の醪の段階では、気のせいかもしれませんが・・・
なんか・・・・ベリー系の甘さの香りがしていました。
柑橘系の感じではなかったんですよ・・・。


( ´・ω・`)??


これを貯蔵して行くとまだ香りや味わいが変化していくんだなぁ。
明日は粕むきだ!!


おっと!?
そういえば、直売店で板粕の販売をしていました。
少量しか袋詰めしていなかったので
美味しい甘酒が飲みたい!!って思っていた方は急いで下さいね。



ではまた明日~

▼ “しぼりたて 生酒”発売中 ▼
無題
■ 【冬季限定】福司 無濾過滓絡み しぼりたて生酒 720ml
http://item.rakuten.co.jp/kirifukuya/kizake-720/
■ 【冬季限定】福司 無濾過滓絡み しぼりたて生酒 1800ml
http://item.rakuten.co.jp/kirifukuya/kizake-1800/



【現在のRanking・・・92位】 21位down 目指せ50位以内
まずい!まずいよ~~~もう少しで100位の圏外に脱落です・・・
それもまたオモロイか!?・・・・おもろくない( ̄Д ̄;;
日本酒と福司と釧路の応援クリックよろしくお願いします(RankingへGO!)




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 


Comment

新井 says... ""
更新がんばってください♪ブログはじめたばかりなので先輩ですね^^ちょくちょくのぞきにきまぁっす★
2010.05.18 18:23 | URL | #- [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫新井様

コメントありがとうございます。
コツコツ更新して、楽しんでください!
2010.05.18 18:49 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1165-0faee6a7