北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

楽しみなのはお正月のご馳走♪


正月ボケ・・・なんてしている暇も無く
吟醸酒の仕込みが始まります。
手とぎの準備や吟醸の小箱の準備等を行い
確認に確認の毎日です。



でも、折角のお正月だったので
ブログだけでもお正月特集にしたいと思います。


お正月の料理といえば
“お節”や“雑煮”ですよね。
普段食べないものを食べれる楽しみもまた一つです。
最近のスーパーでは、暮れになるとビックリするようなものも販売していますね!
普段見かけることの無い、

霜降りのステーキ肉・・・目玉が飛び出る値段です!!
鮑やウニの高級食材・・・これまた目玉が飛び出る!!
しまいにはキャビアまで!?・・・ギョギョギョ~!!


お正月らしいお節料理とかよりもそういう
普段食べれないものを年に一度贅沢に・・・的な感じでした。


皆さんのうちの食卓にも
普段食べないものが乗ったのではないでしょうか??


我が家でもお正月にしか食べないものがいくつかありおます。
若い頃にはまったく興味のなかったものですが
今となってはすっかり、年に一度の“楽しみ”になってしまいました。
そして、段々と正月に食べるものの美味しさがわかるようになることで
『自分も年をとっている』ことに気が付いています(笑)
DSC_1025.jpg
やっぱりお正月といえばお雑煮
っということで、まずは我が家のお雑煮をご紹介。

写真がこんな風に載せられているとは
醸し屋の家族は知らないだろう・・・・(^-^;

我が家のお雑煮には
三つ葉・ナルト・鶏肉・椎茸・柚子がは入っています。
僕自身、味噌汁よりもお吸い物が好きな出汁っ子です(笑)

汁物系でいくと、“くじら汁”という物を
毎年お正月に食べるのも我が家の風習。
こちらは写真を撮り忘れてしまいましたが
見た目としてはけんちん汁とか、あんなふうに具材が沢山入り
汁は少ない汁物です。
くじらの脂身から出る旨味が、牛蒡やこんにゃくといったものに染込み
誠に美味しいものです。
葱を盛って、一味で頂きます♪


あとは去年もご紹介しましたが
北海道や東北の郷土料理でもある“飯寿司”
これがまた美味い (≧∇≦)
つくるのも手間ですし、買っても高いこの“飯寿司”
ご飯と魚・野菜・麹を混ぜて桶に入れ、重石をのせて漬け込み、
乳酸発酵させて作るもので、なれずしの一種のようです。
DSC_1034.jpg
わかりづらいですが・・・
皿の右上に盛られているのが“鮭”で仕込んだ飯寿司で
左下に盛られているのが、“鰰”で仕込んだ飯寿司です。
白いのが米ですね。他にはニンジン・きゅうり・大根・柚子なんかも入っています。
D1000177.jpg ←去年の写真

この鰰なんかは骨ごと漬けられるのですが
酢の力で小骨も柔らかく、歯に当たる感触さえ感じることは無いくらい
ミラクルな発酵食品っす!!
これも20歳をすぎで美味しく感じてきました。

発酵食品の凄さは計り知れませんね~
そして、この飯寿司を食べながら活性酒を飲むんですよ!
どうです?たまらなそうでしょ?
そう!たまらないんです(笑)


でも、いつも不思議に思います
他の家の正月ってどんなものなのか?
正月って他の家でも飯寿司やくじら汁食べているのかな?って

みなさんはお正月にどんなものを食べて過ごしていますか?
そして、どんなお正月でしたか?

純米吟醸バナー

【現在のRanking・・・76位 】 36位UP 目指せ!!50位以内!!
皆さんのお正月はいかがでしたか?
我が家のお正月情報お待ちしています♪
寝正月だった人も、お持ちの食いすぎで体重が増えてしまった人も
日本酒と福司と釧路の応援クリックよろしくお願いします(RankingへGO!)




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1123-ca0a828a