fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

『萌え~』 全国の蔵人は秋葉系!?


最近、シリーズ日記で、蔵で使う種のタネをあかした醸し屋です。
蔵で密かに行われる種まきのお話で
17日のクイズ型式での日記で
ヒントを4つ出したうちの3つは昨日までにご説明しました。
で、最後の疑問点“ヒント4:“もやし”だけど“もやし”じゃない”です。


これも知る人は知る話で申し訳ないのですが・・・・


DSC_0885.jpg
先日見ていただいた種麹
これからどうやって“もやし”が出来るのか?
どう見てももやしじゃないし!




ズバリ!その通り!! m9(^Д^)
これがあの“もやし”になるはずがない!
絶対にない!!
だってこれ・・・・麹なんだから(笑)



じゃ~なぜ“もやし”なのか??という話です。
皆さん漫画の“もやしもん”ってご存知ですか?
アレのもやしっていうのは、恐らくこれのことです。

蔵ではこの種麹のことを“もやし”と呼ばれています。
前に見た種麹の入ってくる箱には“○○もやし”って書いてありましたしね
結構常識なんです。


まぁ~なんで“もやし”っていうんだ?っというのは
僕も始めて蔵に入ったときに思いました。
わざわざ“もやし”という名前にする必要はなかったんじゃないか?って


でも、調べてみると一応由来があったので
載せておきます(笑)

「もやし」と呼ぶ理由については、麹菌の胞子が芽吹く様子を「萌える」と表現し、
それがなまったものとする説などがある。(ウィキより)

最近「萌える」というと、秋葉系のイメージなので
まったく意味わかんねぇ~( ̄◆ ̄;)っと思ったけど
”萌える”って草木の芽が出る(伸びる)様子をいうことを考えると
やはり菌糸を草木の芽に見立てていたんですね。

種まき⇒草木の芽
植物を連想させます。

koujikin.jpg
ちなみに、昨日の可愛くない
麹の菌糸の顕微鏡写真を“もやしもん”のキャラクターであらわすと・・・・

untitled.jpg
こんな風になります・・・・
可愛いじゃんヾ(´ε`*)ゝ

こう考えると“もやし”って蔵で頻繁に呼んでますが
“もやし”という語源が“萌え~”ってことなら
『萌え~』っていってるようなものなんじゃない!?
蔵人はみんな秋葉系か!?



【現在のRanking・・・46位 】 またまた下がった!!(´;ω;`)ウウ・・・
目指せ40位!!っということで、いかがでしたでしょうか?
今後も蔵の面白い名前のものや工程をご紹介していけたらと思います。
例えば。。。。どの蔵にもある巨大な“こま”とか(笑)
何に使うんだ!?っと思った方は応援のためにもポチッとお願いしま~す(RankingへGO!)




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 



Comment

たも says... ""
初めまして。
今日、お土産でいただいた北鯨を呑みました。
美味しかったです!
札幌で買えるお店はありますか?
2009.11.20 20:30 | URL | #- [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫たも様

コメントありがとうございます。
北鯨とは、またレアなお酒をお土産にいただきましたね!!アレは限定なのでもうありません。(すみません)

他のお酒も是非試してみてください。
札幌では前に、丸井さんと大丸さんで販売会を行ったので残りがあればそちらにもあると思います。
後は駅の中のお土産屋さんなどでしょうかね。

これからもよろしくお願い致します。

2009.11.21 17:05 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1073-3894a67d