fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

十五夜なので・・・・

日曜日はゴーアラウンドに参加します。
今回、福司/五色彩雲で参加させていただくのは
札幌の「出汁おしみつくし」さんです。

元々オーナーが釧路出身という事で
お受けすることにしました。
五色彩雲2種類と吟醸系のお酒の3種類からセレクトいただけます。

少しでもブランドを覚えてもらえればと
ブランドカードを作成しました。
美味しかったらこれをもってお店に行って
「このお酒在ります?」って聞いてもらえるように
商品名にチェックを入れてもらえるようにしています。
何もなければ明日到着予定・・・・

今思えばハッシュタグとかもわかるように書いておけばよかったか。
次回教訓ですね。


ちょうど今札幌大通りで
さっぽろオータムフェストが開催されております。
7丁目Barでは道産のお酒がいろいろ飲み比べできるほか
8丁目のつぶ焼本舗さんでも福司のカップ酒「ツカサカップ」が購入できるそうです。
大通公園のお祭りに行く機会は道内に住んでいてもなかなか無いです。

IMG_1223.jpg

「フクツカサのカップ酒うれるよ」っと出店している先輩から連絡が来て
ポップを作ってPRしてもらうことに。
プロのように上手にはつくれませんが
即席で作りました。

ツカサカップPOP


いつかchatGPTが画像とキーワードを打ち込めば
POPを作ってくれる時代が来るでしょうか。


蔵はまだまだ大掃除。
醸し屋は仕込みタンクの準備のためタンクの清掃をしました。
来週は天気を見て井戸の掃除をします。



あと週末なので詰め込みますと
五色彩雲の次のお酒のネーミングを先日Instagramで発表しました。
毎回、テーマは北海道にかかわる名前にこだわっております。
釧路の中心にかかる幣舞橋からとったNusamai
アイヌ語で新しいの意味のAshiri
そして今回は「Mashu」というネーミングにしています。

名前の意味が分からない人にとっては
英語か何か?と思うようなネーミングを使っています。
Nusamaiもそうですが、昔釧路にいた人や
ゆかりのある人にとってはどこか懐かしいネーミングというのもポイント。

詳しくはまた来週。
帰りぎわ社長が「今日は十五夜!」と報告してくれました。
皆さんYONAGAを飲む日ですよ!!(笑)


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社


次に進む

何とか原料処理の部屋の清掃が終わりました。
これで麹室や酛部屋、仕込み蔵のモノを出してきて
洗浄、乾燥する場所の確保が出来ました。

これでまずは一安心。ここまでが終わらないと色々先に進めない。
ここから各自担当部署の仕込み準備と
全体の仕込み準備を並行して行っていきます。

醸し屋も全体の製造準備と製造計画の補正
あと新商品の発売準備もあるので
やや時間的に余裕があるとは言えませんが
何とかめどは立てていきたい。

原料処理のところの準備の手が回らなくなってくるだろうから
そこにも入る様にしていきます。


五色彩雲のnew colorのラベルが届きました。
(申請書類つくらないと)
SNSを使った告知なども上手にしていきたいのですが
ちょっとそこまで勉強不足。

こういう事も自身が普段から触れていれば
肌感覚でわかるのでしょうが・・・・
あまり企業のSNSを見ていないし
そういったもので気持ちを醸成してワクワクするタイプではないので
へたくそなんですよね。

こういうの上手な人入社してほしいわ。
直売店に募集してますって何か貼るのもいいかもと
掃除しながら考えていました。


昨日、春から受けていたオンライン授業の最終日で
無事に受講が終わりました。
京都の大学に興味のあるカリキュラムがあり受けていたのですが
新たな気がつきや考えが少し芽生えてきたので
それなりに勉強になったと思っています。

コロナという災害があったなかで人は向き合い
新しい生活様式を取り入れてきたわけですが
オンラインの会議や授業というのが
わりと当たり前のようになったのではないでしょうか
それこそ距離の概念がより無くなり
人には行動力が求められるようになったと思います。

また、本日東京の酒屋さんから
五色彩雲のお問い合わせをいただき
少しお話をさせていただきました。
その方は何度かのめぐり合わせに、これも何かの縁と考え
わざわざご連絡をくれたそうです。

お話を聞くといろいろな偶然が重なったんだろうなと思い
私も何か縁のようなものを感じましたし
前に一歩進める必要性も感じました。

次の商品の発売まであと2週間。
北海道の地酒になるために
沢山の方に支えられながら
私も五色彩雲と共に成長していきます。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

流れに乗るためには舵をとれ

IMG_1219.jpg

仕込み準備を少しずつしています。
別作業をしたり五色彩雲の秋酒の準備もあるので
一気に終わらせる感じではありませんが
麹室の掃除や洗濯ものをしたり
物を干したりするためのスペースから始まりました。
先週は仕込み蔵、今週は原料処理室をやっています。

今年暑い期間が長かったため念入りに掃除をしており
今日も天井の梁や壁の拭き掃除をしていました。
明日には床に移れるかな。

来週は井戸の掃除
貯蔵蔵や精米所(今は米の保管庫)ですが
去年より人数も少ない分、余裕があるという感じでもないですね。



さて今日の話題は「変化」について。
様々なことが変化し、時代の流れが大きく変わっている近年。
多くの大人が時代の変化に戸惑っていることでしょう。

日本酒業界も大きく変化しました。
蔵元杜氏と言われる新しい制度から各地域の若手蔵元が
様々なお酒を世に出し、クラフトサケという新しい分野が出来たり
変動を遂げた10年。

その一方で、未だに「日本酒はおじさんの飲み物」というイメージから抜け出せず
「ハードルが高い」、「面倒くさい」の飲み物という認識もあるようです。
確かに日本酒のイベントには若い人は増えましたが、
それでも極一部と言っていいでしょう。

色々変化しているが消費者という部分ではあまり変化がないというのは業界の課題では?
売り方やアプローチの仕方などまだまだ何かあるのであるのでしょう。
そこを奮闘している方々もいらっしゃって、渋谷のど真ん中で日本酒のイベントをした
Sake Parkや、先日行われた若手の夜明け2023
酒屋大賞とかもそういった意味では新たなアプローチです。


福司としても「今までのアプローチ」から変化するという意味でも
五色彩雲をリリースしたりしました。
時代の流れに乗り溺れないようにするためです。

ただ先日、とある話の中で
時代錯誤だなと思うことがありました。
正直見ている方向が違うというか、
否定するわけではないのですが、大丈夫だろうか。
この違和感というか危機感は何だろう。
この意見が通って、この方向に進んでいく船に乗るのは・・・と
ちょっと怖くなったんですよね。


自分が知っていることやわかっている範囲が狭いから
そう思うだけかもしれない。
先人たちの知恵が大事だということも理解している一方
時代の流れの中でそこにとらわれていると沈むリスクが今の時代はあることも
なんとなく感じているわけです。


流れに身を任せるのではなくしっかりと舵をとり
流れに乗ることが大事だなと感じました。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

海外に触れる

本日はSNSで見つけたツイート(今はポストっていうのかな?)

「この3本どう違うんですか?✨

って聞くと、
酒米とか、田んぼとか、山廃とか、白麹とか、教えてくれる酒蔵さん多かったなあ

味を、まず味が知りたい…!!
ってなっちゃった」

これを見て確かにそうだよなと思う。
他者との違いや独自性を説明しようとしてしまいます。
でも飲み手からすると「選ぶ」という行動をするために
必要な情報が欲しいですよね。

今週末のイベントの際にもきっと同じような現象が起こるはず
興味がある人にはさらなる説明という形の方が
こちらとしても時間をとられなくていいのかもしれないと
学びがありました。



さて今日は昨日の続きのお話。
海外でも日本酒が造られています。
詳しくは私が書くよりもプロの書いた記事を読んでください。
世界で増え続けるSAKE醸造所と、そこにある課題 - SAKEの世界化時代に向けた提言(1)

ここに書かれている通り
徐々に海外に浸透しつつあるSAKEの文化。
日本の蔵も獺祭さんがアメリカに蔵を作るなど
市場自体が動いています。

醸し屋の中では日本の文化と
海外の文化がミックスされ、より日本酒の文化が広がるのではないかと思っているのですが
そもそも日本人の日本酒の捉え方と異なる視点で
日本酒を海外の人はどうとらえているのか?というのも気になります。
きっとそこには概念を超えた何かが見えてくる気がするのです。


そんなちょっと気になる海外の日本酒を
利き酒する機会がありました。
海外でSAKEとして売られているもののクオリティー
どのくらいの技術力なのか。

今回利き酒する機会があったのがニューヨークのブルックリンで
酒造りをしているブルックリンクラというSAKE蔵
海外のお酒は日本酒と呼ぶことができないので
SAKEと言われます。


326121BE-C5FC-41E2-B661-0D1BBE8D228D.jpg


ラベルも瓶もワインのよう
そういうマーケティングなんだな。
このお酒普通の日本酒ではなく山廃仕込みだそうで
これをチョイスして買ってきてくれたことに感激(笑)

普通のお酒よりもさらに難しい山廃。
それに挑戦するという時点で正直驚きです。


0F8B1406-8C16-4275-8EF4-31F186B66273.jpg


利き酒するとちゃんとお酒。そんなこと言うと失礼でしょうが
日本のお酒の中に混じっていても違和感を感じません。
山廃と言ってもゴリゴリの山廃ではなく、割とキレイ目で
米の特徴が感じられる味わいでした。


精米とかはどうしているのだろうと思いますが
アメリカの米で仕込まれているそうなので、
好適米とは異なるなという印象はもちろんあります。
麹造りが苦労してそうな感じもするのですが
醪管理や酛造りはきちんとできていそう。

そういう意味ではアジア特有の麹の文化が
あちらにない分苦労するだろうなと
かつ、天候的にも難しいのかもとも感じます。

実際に現地で現地の方々の反応はどうなのだろう?
ピザなどの味にはこのくらいでもいいのかもなと
勉強させていただけました。


ちなみにこのラベルに書かれているクリスマスのリースではないんです。
これのエピソードも面白いなって思いました。
それについてはまた後日。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

あの有名な人も言っていたよ!って話

あと一か月で仕込みになりますが
残り少ない休日をゆっくり過ごしました。
息子にも親というより遊び相手として認識されている様子です。
あと、牛乳をくれる人(笑)

さて、先週末は輸出について少し触れました。
未来性がまだあると信じてる(信じたい?)わけですが
その裏付けじゃないんですけど、
後押ししてくれているなと思う出来事を紹介します。

ベルナール・アルノー氏を御存じでしょうか?
世界有数のラグジュアリーブランドグループ、
LVMH Moët Hennessy – Louis Vuittonの会長兼CEOです。
ちょっと前まで世界長者番付一位の方で、
エルメスやティファニーなどのハイブランドの他
お酒業界ではヴーヴクリコ、ヘネシーなどの有名ブランドを傘下に持ちます。

そのアルノ―氏とiphoneで有名なジョブズ氏が対談した際
アルノ―氏はジョブズ氏に「30年後にも人々がiPhoneを使うだろうか?」と質問したそうです
ジョブズ氏はこれに対し「そうですね、よくわかりませんね」と答え
すぐさまアルノ―氏に同じ質問を返したそうです。
「(アルノー氏が作るブランドは)30年後も健在でしょうか」。
アルノー氏はなんと答えたとおもいますか?


「そうですね、分からないけど、
人々は30年後も相変わらず酒に酔いたがると思いませんか」
と答えたそうです。



それに対し、ジョブズも同意したという。
世界の最先端を駆け抜けたジョブズの同意は
昔も今も何か変わらない魅力があることを後押ししてくれているようにも思います。
永遠のものに投資するというのがアルノー氏の鉄則だというが
アルコール業界の中に一部日本酒もまた
その永遠のモノの一部分と思っています。

そういった価値が日本酒にはあり
確実なものではないですが普遍的な何かを感じています。
神が誕生するはるか前から人類は酒という物に魅せられているのは確かです。


そういった魅力あるものを造っているんだと私は思っていますし
そう思って日本酒造りに携わりたい若者が増えると面白い。
この釧路という街でも歴史を紡ぐ仕事ができ
世界に迎える仕事ができると思っています。

セカンドブランドにはいつかそういった役割を持たせれたらという
想いも込めて生み出しました。
ただ、そこまで育つためには私たちだけの努力では難しく
多くの関りある方々のご支援(飲んでもらったり紹介していただいたり)で
少しずつブランドが成長していくと思います。

なんでこんな話になったかというと、先日海外で造られた日本酒を飲む機会がありました。
釧路の人で飲んだことある人はいないと思いますが
日本酒に携わっていても海外の日本酒に触れる機会は少なく
とても貴重な機会を頂けたと思います。

このブログでも少し触れられればと思います。


あ!まずは今週末札幌で行われる日本酒ゴーアラウンドというイベントに
私たちも参加します。
全国一斉に行われる日本酒の日の日本酒乾杯イベントです。
詳しくはまた明日書きますが、札幌近郊の方で
ご参加される方いましたら私たちのブースにも遊びに来てください!


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社


日本酒はこれから成長するかも!?

日本酒業界では海外輸出など海外というワードが割と頻繁に出てくる。
日本国内での日本酒の消費量は年々減少。
人口の減少とアルコール離れから未来性を考えると
海外に目をやるのは自然なことでしょう。

和食が世界無形文化遺産になったのは
多くの人が御存じだと思います。
日本酒もこれにあやかって、海外でも飲まれる機会が増えました。
日本酒を飲んだ海外の方は
日本酒を美味しいと評価してくれます。

実は以前まで、海外では間違った日本酒のイメージがついており
それを払拭するところから始まったとされています。
海外の日本食レストランの多くは日本人オーナーでは無く
中国人オーナーで、日本酒も紹興酒のように燗酒で提供されていました
なので日本酒は温めて飲む飲み物の印象が強かったと聞きます。

そんな先入観を持っている人にフレッシュな日本酒を飲ませれば
驚かれるのは当然ですよね。
こういった出会いから日本酒を見直してくれる海外の方々も増えています。


そんな海外の日本酒は高いところだと4倍近い価格で取引が行われます。
輸送費や関税、その他輸出インポーターや輸入インポーターの費用など
こちらで1500円のお酒は6000円位になったりします。
そうなれば飲食店だと10000円越えになり高級酒となってしまうのです

私たちにも身に覚えがあるのではないでしょうか?
海外のウイスキーがメチャクチャ高かったりした時代
それでも売れますが、庶民に浸透するには時間がかかる。
他国で日本酒が文化として土着するためには、日本酒がその地で製造され
ある程度の価格帯で飲まれ続けることだと私は思っています。


そしてそういった時代に今なりつつあり
海外には2009年には15蔵くらいだったのが2019年には60蔵
実に4倍に増加したそうです。多分今はもっと多い。
地元の人たちが日本酒のおいしさに惚れ込んで
日本に日本酒造りを学びに来るケースや
日本酒の蔵と技術提携するケースなどもあります。

近年では日本の蔵が海外で蔵をたてることも。
今年、あの獺祭さんもアメリカに蔵を作りました。

日本にいるとそこまで魅力を感じないかもしれない日本酒ですが
実はまだまだ可能性に満ちていると私は思っています。
先ほどお話しした日本酒の蔵は1400蔵くらいですって話
日本酒って日本の米を原料として日本で造らないと名乗れないんですよ。
だから世界中で日本酒を造れる企業は1400蔵だけ。
ワイナリーって世界でいくつあるのでしょうかね?アメリカだけで
大小合わせて7000あるそうです。
そう考えればこの広い世界で1400しかないってすごくないですか!?


なので海外の富裕層から日本酒の蔵が注目されていると言います。
日本にいると気がつきませんが、日本酒はこれから成長するかも!?しれません。
そんな業界で一緒に働きませんか?
興味のある人はご連絡ください!

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

ニッチなストーリーを伝える

19日から出張で旭川と帯広にいっておりました。
今回は五色彩雲のPRも兼ねての酒の会を
初めて釧路以外の酒屋さん行ってきました。

福司としては異例ですが、醸し屋が酒造りにメインで携わり始めたころ
初めて訪ねてきてくれた酒屋さんが旭川の酒屋さんでした。
歳も近いこともありご夫婦で良くしてくださっています。

10年まではいきませんが、どこよりも長く
福司を、そして醸し屋を応援してくださっている酒屋さんです。
新しいブランドは福司と違う販路や目的を持っています
会社としてもどういう形がいいのかを手探りで、やったことないことも
試験的に取り組ませてもらっています。
何でもかんでもは出来ないので、出来る範囲で頑張らせていただきます。

札幌で一度、五色彩雲のお話をさせていただきましたは
今回は初めて旭川と帯広でお話をさせていただきました。
「新しいブランド出ました」と言っても、一般方々にはきっと
「福司の新しいブランド(新商品)が出たんだ。」と
その背景や目的まではなかなか伝わりません。

なので、今回の酒の会では「単なる新商品」という先入観を解き
「目的があってつくられた新しいもの」という印象をどう持ってもらうかを
重要視しながらお話をさせていただきました。

お酒の席なので、真剣に聞き取ってくれる方もいれば
お酒を楽しんでくださる方もいたりと様々です。
酒の会自体あまり経験がないので、手探りで
どう効果をもたらすかを探り探りでしたが
中には熱心にストーリーや背景に対し質問をくださる方も。

そういう方は本当に興味を持ってくれている方で
私としてはとても貴重な方々なので誠意をもってお答えさせていただきました。
最終的には握手を求められ「感動しました」と言っていただけ
何か、受け止めてもらえたような気が私にもしました。

五色彩雲は日本酒の好きなコア層の皆さんにならわかってもらえる
福司の中ではニッチな商品です。
なのでストーリーやブランドアイデンティティもニッチな感じなので
誰にでも刺さるものではないでしょう。
知れば知るほど深くなるような設計にいしています
会社内部でも全部言えるのは醸し屋くらいです。


今回は車で一人の出張。
こういう時は移動の車の中でシミュレーションしていきます
商品の話をいつもしているわけではないので
話すポイントを見つけるための練習です。
ブツブツつぶやきながら(笑)
IMG_1178.jpg

写真は五色彩雲のPOPを作って会場に貼っている写真。
ブランドの世界観やイメージをと思って持っていきましたが
見てくれていた人はどのくらいいるだろう・・・?(笑)

来週はゴーアラウンドです。
PRアイテム作ろうか迷っています・・・・
」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

YONAGA発売ですが、実は・・・・

IMG_8350_202309151737331c5.jpg


福司の秋のお酒として誕生した「YONAGA(よなが)」が
先週の7日に発売となりました。

この商品は蔵内貯蔵の吟醸酒を秋に出荷するもので
福司として一般的な流通で吟醸酒が出るのは
この商品くらいなものです。
(あとは限定的な流通や直売店とか)
そういう意味では、福司の吟醸酒を楽しむための1本と言えるでしょう。


多くの蔵がフレッシュな状態で吟醸酒を出荷します。
春先に生でとかですが、福司では基本生酒の出荷は無く
秋まで貯蔵して出すのがスタンダード。
そういう意味では福司らしい吟醸酒です。


冷蔵設備に入れてという事ではないので
ぴちぴちな吟醸酒ではないですが
売れた果実のように、熟した吟醸酒もまた酒蔵がある地域だからこそ。

いい意味で吟醸らしい高い香りではないため
熟成させていても、熟成吟醸酒特有のダレは少なく
これも釧路の気候が関わっているのかなと思います。
暖かい地域だったらこうはならないでしょうね。


さて、このYONAGAのラベルですが
五色彩雲のラベルをデザインしてくれているチホッシュが作ってくれた
最初の作品です。
そういう意味でも、五色彩雲の生まれるきっかけだったかもしれません。


ちなみに、YONAGAのデザインをデザイナーに頼むことが却下されていたら・・・・
というか当初はそのつもりなくて製造部でネーミングのミーティングしていました。
そうなっていれば、秋の夜長にかけた、大人なネーミングではなく
ダジャレのような企画で進んでいたでしょう。

今考えると恐ろしい。
というかストーリーも何もない(笑)
ただ勢いで、ただ面白いからと(笑)
多分却下されていました。


そしてセカンドブランドの計画を相談し
未完成のラベル、そして五色彩雲へと繋がっていきます。

NusamaiとAshiriが無事にリリースされ
次の商品の発売に向け着々と進んでいます。
ラベルの色も決まり、裏ラベルと表ラベルの印刷も開始
出来次第案内用の撮影をして、お取引先へご案内します。

発売は10月を予定ですお楽しみに!!

今日、案内文に記載する文章作成をしていました。
前も書きましたが何度もつくっては直してってするタイプで
案内文も何度も書き直して更新していくのですが
ときに情報量多すぎて伝わらないという状況になってしまいます。
今回もこの情報いるかな?という内容もあったので
メンバーに確認してもらおうとしたら
「こういうのはchatGPTに頼めばいいんですよ」って
仕事を振ったつもりが返却されました(笑)

まぁ、それも面白いかと試しにchatGPTに作った文章を投げかけると
なんだか違和感あるけどまとまってくるからすごい
でもこの違和感何なんだろう?文章のプロならわかるのかも
分かりやすくなった気もする・・・・・

来週まだ時間あるので様子見てまた直したいと思います。


さて、来週の醸し屋は旭川出張です。
その帰りは帯広寄って帰ってきます。
現地でお会いする方もいるかもしれませんが
お声がけください。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

講演の中から

本日、某団体で講演会をさせていただきました。
テーマは
「福司の新ブランド 五色彩雲(Goshiki no Kumo)について」。
これだけ聞くと新しい商品が出たのね、宣伝かな?
となってしまうかもしれませんが、
どのような思いや考えで作ったのかという話をしてきました。


より説得力が出るように、情勢等の背景などを話
そのうえで未来の繋がる五色彩雲なんですという話でしたが
冒頭、スライドが映らないトラブルで時間ロス
ただでさえ短い時間なので焦りました。

講演慣れしていなかったので、すぐ始めれるようにと
パワーポイントをスライドショーにしたまま待機していたのですが
スクリーンセーバーがかかって
プロジェクターの接続にトラブルが出てしまったようです。
こういうシステムに強い人になりたい。

今日の講演の自己採点は40点。
理想はスティーブ・ジョブズです(笑)

来週は旭川と帯広で五色彩雲のお話をしてきます。
飲食店や一般の方々に向けて釧路の地酒のPRをしてきます。
これも前回ワイナリーさんが来ていたワイン会を参考に
造り手しか知らない話題を織り交ぜながらする予定ですが・・・・何を話そう。

講演終了後、どこで飲めるの?と聞いてきてくれた先輩もいました。ありがたい。



今日は講演の中で話した話題を書こうと思います。
日本酒の最近の情勢の話の中で海外でのことも少し話させていただきました。
日本酒を飲むときに海外のことを調べたり知ろうとする人は少ないはず。

ちょっとくらい話ですが、日本酒の消費量は年々低下しています。

国内の日本酒市場は縮小の一途をたどる」こちらは獺祭さんが
海外に蔵を作った話が出ているサイトですが
その中に清酒の販売(消費)数量の推移が出ているので
そちらを参考にしてみてください。

消費量減っています!と聞くとかなりマイナスに聞こえますが
飲み方が変わっているのも事実で
昔のように安い酒を浴びるように飲む時代ではなくなったという事情もあります。
その分高級酒を楽しむ思考が芽生えているので
必ずしも低迷とイコールではありません。

ただ飲酒人口が減少していることは事実で
国内消費量は今後も減っていくでしょう。
そこで海外輸出が注目され国を挙げて取り組んでいます。

未開拓の地、いわゆるフロンティアが海外なわけですが
そこでの開拓作業はとても時間とお金がかかるでしょう
私たちのような地方の小さな酒蔵にはとても難しい
特に今円安ですしね。
私たちのできることは~という内容はまた今度にして
とにかく海外への注目が業界としては高まっているのは事実です。
そして海外でも酒蔵ができ始めているのです。

過去の海外日本酒蔵は現地の人がなんちゃって日本酒を
間違えた製法で作っているようなイメージでしたが
近年はかなり本格的というか、ある程度技術力がある人たちがサポートについている酒蔵も増えていますし
国内の酒蔵もそういった海外の方を受け入れて技術提携をしています。


日本酒を海外に売るとなると日本で作った酒だけで売った方が独占できそうですが
実際は文化として日本酒を飲むことが根付かない限りは
販路としては開けないので
こういった世界各国で日本酒の蔵ができ
その地域で「地酒」として根付くことが
ゆくゆくは日本酒が世界に広まるきっかけとなると私は思います。

実は今週末、アメリカに留学している若者が
ニューヨークの蔵で研修を受けて帰ってくるのでお話を聞く機会があり
非常に楽しみにしているんですよね。
以前このブログでも書いたことのある彼です
⇒「実行力のある彼」2月の記事でした

現地の様子や海外の考え方、どう日本酒を見ているのか
色々な話を聞けるのが楽しみです
何より現地のお酒を持ってきてくれているらしく
その質、クオリティー、そして現地の評価が知れるのは嬉しい。

自分が経験できないことを知るチャンスはワクワクしますね。
自分の考えに他の国の文化や思考というエッセンスがどう加わるのか
・・・・加わらないかもしれないけど。

まず、今日という日が終わったので来週の会で
何を話すか考えながら、仕込み準備に加わろう。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

気がつきましたか?

明日、セカンドブランド五色彩雲のに関して
簡単ではありますが講師としてお話する機会を頂きました。
少しでも弊社の取り組みや商品に興味を持っていただければともいます。
その資料つくりをしていると窓の外からガサガサと音が。

外を見ると久々の来客・・・・・鹿です。
小柄で角の折れている男鹿。

IMG_1156.jpg


裏に植えた山菜の葉をムシャリムシャリと食べ始めました。
以前、植えたばかりの山菜を食べられたことがあったので
追い払おうと音を出しても逃げません。

最終的には人が追いかけるしかないのです
箒を持った写真が窓の外を駆けていきました(笑)



さて、今日は何を書こうかな?

久しぶりの五色彩雲のことを書こうとと思います。
今まで五色彩雲のネーミングの由来やストーリーはお話してきましたが
今日は今まで書いてないことを書こうと思います。


五色彩雲の発売にあたり、いろいろなことを蔵としてチャレンジしてきました。
販売方法や案内、出荷管理、ルートもそうですね
新しいブランドという事で良い意味で変えることができる機会でした。

その中で思い切ってやめたことがあります。
皆さんは気がつきましたか?

それは商品スペックの表記をしなかったことです。


今までの日本酒は、そのお酒がどういうお酒なのかを
説明などしなくてもわかるようにと
スペックの表記をしていました。

これはどんなお米を使っているよ。
どのくらい削っているよ。
どんなお米を使っているよ。
大吟醸だよ。
純米吟醸だよ。

選ぶときに丁寧かもしれませんね。
味の想像がつく。メリットもあります。

一方でスペックで比較されることも多いです。
1650円の純米酒よりも
1650円の純米大吟醸を買おう。
こっちがコスパ良いなって。

そんな経験ありませんか?
同じスペックだったら安い方買おうとなる心理になります。
自分もそうだから。
実はこれが日本酒業界で見直す動きが出てきています。
純米吟醸だから買おう。
大吟醸を買いに来た。
ではなく、銘柄を選ぶ消費者になっていただきたいという
業界の想いがあるからです。

醸し屋もその考えには賛同します。
大吟醸や純米吟醸酒って、
時に精米歩合だけで書いている商品もあると思います。

そういった商品と、めっちゃこだわってつくった商品を
スペックだけで比較されるのは
本質が見えなくなっていると思いませんか?
だからこそ五色彩雲はスペックでは無く
味わいや品質で選んでもらいたい。そういう意思から
スペック表記をなくしました。

大吟醸酒だから買おうではなく
福司の大吟醸が好きだから買おうになって欲しい。

スペックを書かなかったのにはもう一つ理由があります。
今の若い人はわからないことはすぐに調べる癖がついているので
ラベルに表記しなくても興味がある人は調べてくれます。

あえて情報をすくなくすることで
より情報の多いHPへの誘導を行い
そのブランドの世界観に触れてもらう狙いもありました。
ただ・・・まだHPはつくっていません。

今後ブランドページを作成し、QRコードを貼って
情報元に飛べるようにしたいとは思っています。
ブランドページは今年中に・・・・します。

この仕組みも近年人気のある蔵は多く取り入れており
HPで世界観を共有
会社としての想いやこだわりをそこで知ってもらい
ファンになってもらうというものです。


ファンになってもらう仕組みは
どこのお蔵さんでも工夫されています。
正直福司ではまだまだ手が回っておりませんが
お酒を飲む人が減少している中
ファンになってもらいリピートしていただいたり
他の方に紹介していただくファンの方は重要です。

醸し屋もSNSを最大限利用しきれてはいませんが
こういうのが得意な若い世代が製造部にも増えてくれると助かるなぁ。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

見えないものを感じ取るのは菌類だけで十分!

釧路でも今の時期までこれだけ気温が高いのは珍しですね。
9月に入れば夜から朝方にかけては冷え込み
昼間もそこまで気温が上がらなくなる印象です。

釧路でも気温が高いところをみると
今年の米は溶解性が悪いのではと懸念しております。
溶解性が悪い米は扱いにく、去年も少しその傾向がありましたが
今年は去年以上かもしれません。

「米が硬い」などと表現することが多いですが
酒造りの工程のなかの洗米や白米に水を吸わせる
吸水・浸漬の工程も時間が長くなります。

自宅でお米を炊く際にいつもと同じなのに
今日はご飯が柔らかいってことありませんか?
そういう時は品種の違う米だったりもしますが
精米してどれくらい時間たっているかや
新米かどうかも関わってくることがあります。

新米の場合、米に水分が多く含まれているので
いつもと同じだけ水を吸わせると柔らかくなることがあります。
また精米後も、精米により水分が揮発し
乾燥している状況で水に漬けるとその分吸水速度が上がり
水を多く含んでしまうこともあります。


酒造りでは吸水時間を秒単位
水分の割合にして0.01%まで測定していくため
その些細な差を重要視します。

米は精米後、水分が安定するまで置き
その後袋詰めしてもらいます。
袋も外気に触れて水分の交換をしないようにビニールに入れてもらい
使用時も同じ条件になるようにしています。

酒造りの時の目安として水分量を数値化していますが
数字はあくまでも目安です。
米を触ったときの手触りや香り
五感で感じた変化が一番信用できます。
数字が同じでも、昨日蒸したお米と触り心地が違えば
原因が何かを探ります。
(再現性が取れないと改善も出来ない)


酒造りをしていて陥りやすいトラップが
この数字による勘違い。

目標数値を設けそこに達するように作業をしてもらうのですが
それはあくまで目標の数字。
場合によってはその目標を修正する必要があるのですが
数字がそろう快感が判断を狂わせ
対応が遅れるというマジックが起こります。
特に歴の短い蔵人に多いです。

良いか悪いかの判断は
経験とデータの蓄積です。

良い酒造りができる人は目には見えないものを感じ取れる人
人が気がつかないことに気が付ける人です。
とはいっても霊感とかを持っている人は困ります(笑)


そういえば、酒造りをしている人で
霊感が強いという話をしている人はあまりいませんね。
なんでだろう?
見えないものを感じ取るのは菌類だけで十分!


あと、他の蔵の杜氏さんと話をしても数字での会話ももちろんありますが
感覚的な話も多いです。
例えば「いい蒸米が上がるときは○○の香りがする」とか
そういう会話なのですが、それも感覚的なものなので
共有が難しいですよね。
利き酒ですら、人によって感じ方が異なる。
それを数値化すればいいのでしょうが・・・・

結局人の感覚を伝え、継承や共有していくことが多いです
誰かが言っていることを自分の感覚に置き換え判断することも多い。
うちの蔵では唎酒の際に「ニュイーンてする」という表現をします。
皆で共有できているか分からないのですが
なんとなく言いたいことがわかるんですよね
適切な言葉が何なのかわからないから「ニュイーン」って表現で
もしかすると専門用語や物質名があるのでしょう。


日本酒の造り方の継承が難しいのってこういった部分もあるよなと
ブログを書いていて思いました。
逆に言うとだからこそ個性が出るのかもしれない。
共有しにくいからこそその蔵の色がでるのかも。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

難しい方が面白い

一人暮らしのころから観葉植物を育て
心のいやしにしていたのですが
子どもができてからはサンルームの端っこに追いやられています。
天気のいい朝、時間があるときに水やりするのが日課です。

そんな観葉植物の中にエバーフレッシュがあります。
多くの細い葉が集まり、涼しげな空間を演出してくれる観葉植物で
夫婦円満の象徴としても有名な品種らしいのですが、
夜になると葉が閉じて、日が出ると開くのが可愛く
気に入っています。

そんなエバーフレッシュに今年初めて花が咲きました!
パキラのように葉っぱだけの植物と思っていたので
始めは驚いたのですが花も可愛いです。
IMG_1111.jpg
真ん中の綿毛みたいのが花ですね。
「となりのトトロ」の「まっくろくろすけ」みたいにほわほわしてます。


今日はお昼頃に予定外の作業が増えて
夕方くらいまで久々に現場作業をしていました。
いつもデスクで一人なので久々にメンバーと作業ができ
楽しく作業できました。


最近の若い人たちというと自分がずいぶんおっさんになったなと思いますが
昭和の時代と比較し、出世したい、役職が上がりたいと
思う人が減っているといいます。うちの部署でもそうで
出世して責任を伴うくらいなら今のままでいいと
思っているメンバーもいます。

実際責任が重くなりストレスが生じることを考えると
ストレスなく仕事ができるほうが良いと考えるのでしょう。
醸し屋は人がやらないことをやっていくことに
やりがいを感じているので多少の負荷は自己成長として受け止めます。
難がない人生は無難ですがいつかそのままでは楽しくなくなっちゃいますしね。


なんで自分はこう難しい方が面白いと思っちゃうのだろうな
損な感性だなと思ったりもしますよね(笑)
これってどういう状態なのだろうと気になったので
少し調べてみると、出てきたのは
――――――――――――――
解決してしまった問題が面白いのではなく、
解決しそうだ、発見しそうだ、という未来予測が面白いという感情を生み出すのです。
――――――――――――――
確かにそこにワクワクしますね。

どうしたらこの課題や問題を解決できるのか?
という事を考えているときは辛いのですが、何度も考え
その考えを崩しては組み立ててを繰り返していくうちに
新しい発見があるととても楽しいし、
面白く感じてきます。

今回のセカンドブランドを創っていく工程でも
初めての経験が沢山あって
その最中(今もですが)、「こんなことまで考えないといけないのか」
と思いながらも、得られるものや経験が増えること自体は
楽しいと思っているんだろうなと思います。

私の祖父は新しいものが好きでした。
iPhoneが出るずっと前、同じ姓の家族で最も早く
アップル社の製品を使っていたのは祖父です。
当時、PCから私の携帯にメールをくれていました。

その探求心はすごいなと思います。
年をとると新しものを遠ざける傾向を多く見ますが
取り入れて学ぼうとする意欲。
そういう人間で僕もありたいと思っています。
いつまでも難しいを面白いと思える大人でいたいな。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

ディスプレーが4つ欲しい!!

今日も釧路はいい感じに夕日で空が焼けております。
写真を撮りに行ってその様子をアップしたいところですが
業務が詰まっており、そんなのんきなことは言ってられません。


2週間の国税調査(何年かに一度あるもの)と
品質評価のための呑みきり、そして諸白粕の詰め作業で
デスクワークが例年よりは遅れています。
いつもは任せる時間も多いのですが、今年は人手が少なかった。


今日、粕詰めが終わり、片付けは任せてデスクワーク。
今シーズンの仕込みの製造計画の目途が付き
ここから搗精計画を割り出していきます。
醸し屋のデスクには、ディスプレー2つを連動させて
デイトレーダーのような状態ですが
実は2つでも足りず、正直4つほど欲しい。

仕込みの配合表から数字と順合を拾い
年間の仕込み予定数量を確認して
仕込み計画を作っていく。
使用タンクの空き日がいつか確認し、
使える仕込みタンクを探す。

何ならマウスも2つ、キーボードも2つくらい欲しい(笑)
使いこなせるのか!?


仕込み期間中も予測数値や過去データ呑み比べなどもしたいので
2画面じゃ足りないなと思う。
映画の中に空間にデータなどを映し出し
体を使ってデーターを出し入れしているシーンを見て
便利だなと思うほどです。

画面が足りないからどうするのか。
そういう時はアナログが一番。
紙資料に赤ペン!結局これでやれているのだからいいのか
ただどれが最新の情報なのか分からなくなるので困る。



帰り際や休憩中、
醸し屋のデスクのすぐ近くでは製造部のメンバーが楽しそうに話しています(笑)
今日も天気がいいのは今日までだから飲みに行くなら今日がチャンス!
なんて話をしているのを聞いて、自分も家族を誘って行こうかな?とも思うが
何時に帰れるか分からないのであきらめる。


酵母や種麹の発注、米の搗精計画
賄の日程など、造りにかかわる人に予定を伝える仕事なので
のんびりもしてられない。


五色彩雲に関するものも並行して準備しています
そろそろ秋のお酒の準備をせねば。といっても準備は始まっています
ラベルの発注は済み、今は裏ラベルの調整中です。

仕込みの準備もそろそろ始まります。
来週あたりからは蔵の掃除が始まるはず。
今シーズンは1人少ないので早めに作業を始めてもらいます。
去年は1年目だったエースにも、今年は大期待!?
最近はクリストファーと名コンビで、なんだかんだと楽しそうに
仕事を教えてもらっているようです。



それと、北海道産米でつくる日本酒アワードが札幌で今年も開催されます。
福司からは今年札幌でお取り扱いいただいている
五色彩雲のNusamaiを出品。
他のお蔵さんが特別純米や純米吟醸酒のなか
しれっと「純米酒」で挑みます(笑)

北海道の酒

札幌の方に五色彩雲のことを知っていただく機会になればいいなと

来週は釧路で某団体の講師として五色彩雲の話をしてきます。
地元の人もきっとただ新商品として見ているでしょうが
色々な思いや目的があることをお伝えして
少しでも応援していただく人が増えるように努めます!!


再来週は、旭川と帯広にPRしに行く予定。
少しずつ浸透して、釧路の地酒から北海道の地酒に成長していけたらと思います。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

ただいまモヤモヤ中・・・

今シーズンの製造計画を立てています。
毎年今頃が仕込み前の最終段階で、それをもとに
毎日の洗米計画を作りますし、米の入荷時期も割り出します。


秋口、食用米も酒造用米もこの時期が新米の時期は精米所が混みあいます。
そのため早めにスケジュールを抑えておかないとならないのです。
例年ですとこの時期にほぼほぼスケジュールが出来上がっているのですが
今年はやや難航中。

コロナ明けの影響から製造計画の微調整が多いのと
製造数を増やすにあたって、効率化などを考え1回の製造数量を少しだけ変えたのですが
それによってめちゃくちゃ製造計画が立てるのが難しくなったんですよね。
簡単に言うと今まで割り切れた数字が割り切れなくなり
端数が多く出るようになってしまったんです。
なので頭の中が数字迷路中・・・・

些細なことなのですが、この数字がきちんと収まることはとても大事で
ミスが発生しやすい条件を減らすことができますし
同じ条件で製造することができれば修正も小さくて済む。
結局は品質向上につながるし、働きやすさにもつながると思っています。


特に酒造りは割合を算出することが多いです。母数が変われば毎回数式が変わります。
そうなれば数式から計算して割合を追わないと比較が難しいですが
母数が変わらなければ、計算しなくても変化した割合が読み取りやすいですよね。


数字だけをみればさほど難しく考えなくても済みますが
実際の作業のことを考えてしまうので煩雑です。
例えば麹の容器も90kg前後だといい麹に仕上がるとかあります
これが少なすぎたり多すぎると湿度や温度管理のため作業が複雑になることもあるのです。
また米の種類や精米歩合でも異なります。
50%精米のものと70%精米の100kgの白米は密度が異なります。
玄米換算で50%だと200kg、70%だと142kgです。

数字だけ計画に落とすなら考える必要は無く
それならば醸し屋はいらないでしょう。
実際に現場で動くことを想定し、より良い数字
そして効率の良い数字を導き出さなくてはいけません。


きっと今回の製造計画にも『いい案』があるはずです
そこを見つけてスカッとするまではモヤモヤが続きそうです
電卓をたたきながら数字探しの旅に出ます。


まずは搗精計画を出すとのを先にやろう。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

大雨と呑みきり

IMG_1108.jpg

本日の釧路は明け方より大雨が降っており
まるでゲリラ豪雨のような降り方でした。
そんな雨の中、呑みきりが行われ、札幌国税局より
鑑定官の先生方がお見えになり、夏を越した酒の
品質評価をしていただきました。

釧路としても暑い夏を迎え
夜も気温が冷え込むことのなかった今シーズンでしたが
熟は思ったほど進まず、指摘事項もありませんでした。

秋口に出荷予定のお酒も利き酒していただきましたが
端麗の酒質で福司らしいという評価を頂きました。


午後からは明日の準備と製造計画のたてなおし。
製造量の変更があったので、それに伴う使用する製造タンクの見直し。
作業負担と、作業期間の両方を考えながらスケジュールを組んでいきます。

作業期間が延びれば作業にゆとりがあるため衛生面も
人も機械の疲弊も少なくなりますが
経費が掛かってきます。
何より時期によっては気温が高く
作業効率が下がるなどのリスクも生じます。

一方作業期間を短くすれば、トラブルが出た場合の対処が困難になったり
人も機械も余裕がなくなるので、ある程度緩急をつけた
スケジュールを組む用にはしています。
一番はタンクのやり繰りです。
酒類によって発酵日数が異なるため
日数の長いものを仕込んだタンクは空くのも遅くなります。
使用頻度の高いタンクをどう効率よく回すか
使用頻度の低いタンクをどう入れ込むかで
無駄の少ないスケジュールを見つけていきます。

現場も知っているからこそ
その時期の作業の濃密さや
疲れ度合い、事故やミスの起こりやすい時期などもあります。

作業スケジュールを作るときは何度も組み直します。
最初はタンクの回し方で最短でどう造れるか
そのあとは作業的に開ける必要があるところは開ける
更にタンクのやり繰りも見直して
最後に酒質を上げるためと作業効率の視点を入れて見直します。

まだタンクのやり繰りの途中。
言い回し方探り中です・・・・

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

明日は呑みきり

明日、福司では「呑きり」が行われます。
呑みきりとは毎年、7月に酒造年度を迎え梅雨が明けたころから
初秋の時期に行われる行事で、国税局より鑑定官がお越しになり
蔵に貯蔵しているタンクの封を切って貯蔵酒の品質を確認します。

夏を越えて熟成した酒をどのような順番でどう処理して出すか
あるいは昔だったら雑菌による汚染がなされていないか?
などをチェック、品質の向上のための指導を受けます。

同じ酒質のモノでもタンクごとに熟が異なることもあり
製造部内でも良い勉強になりますし
出荷順番を見定める機会になります。

また、鑑定官は他の蔵のお酒を利いて歩いてくるため
全体の傾向や塾の速い遅いも指標をお持ちで
その唎酒の評価から来期の仕込みの配合や
温度経過の対策もとったりします。


私たちは自分の蔵のことはわかっていても
他と比較しどうなのかまではわかりません。
そういう意味では比較基準が異なるため良い勉強になります。



今年は蔵の室温も高い日が続き
熟の進みも気になるところです。
熟のコントロールとまででは行きませんが
その年の米の溶け方や酒質によって
貯蔵前の濾過の仕方も変えます。
ただ、そこには夏の天候予測までは含まれていないため
その判断がどのような影響を及ぼしたのか
等に関しては明日の呑みきりの評価でわかってくるかと思います。


特に今シーズンから濾過方法を変えているので
その影響がどこに出ているのか
新しい方法ではどう対応しておくべきだったかなども
明日の結果からですね。



さて久々にお肉が食べたくて
武佐の百万里に行ってきました。
ここの今のオーナーは醸し屋の青年会仲間なので
とても良くしていただいてます。

IMG_1102.jpg

ここ、福司の昔の一合瓶がお銚子になって出てきます。
かなりレアな一合瓶で
今の福司の一合瓶はスクリューキャップです。
この当時は王冠のモノで
いつ頃のモノなんだろうなと思いますが
こうやってお銚子として使用するならば
溝の少ない方が衛生的ですね。


器が福司のモノを使っている飲食店さんがあるってのは
地元ならではだからかなって思います。
こういうお店が残り続けて欲しいなと思いながら
自社製品を飲むのでした。

ちなみにマスターは福司の帆前掛けしてくれています!
愛を感じますね!
私以外の蔵で働いているメンバーも良く行くようです。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

酒屋さんの出番です!?

本日迄6年ぶりの国税調査が行われており
製造にかかわる書類の記載方法など
色々とご指導をしていただきました。

日本酒はご存じの通り酒税の区分で
細かな規定が設けられています。
その中でも記帳の義務というものがあり
杜氏という役割の仕事の中にはこの記帳の責任に対する
ウエイトもかなりあります。

仕事は段取りが大事と言いますが
まさにこの段取りがきちんとしていないと
後々この記帳部分でも大変苦労します。

例えば私たちが日々行う料理。
美味しいものを作り食べてもらうわけですが
これに何の材料をどの段階でどのくらい使用したのか?
そのすべてを記帳するとしたら?というのが
イメージ的な記帳の作業です。

思いつきで入れていたら記帳するとき大変です。
酒造りではそんなことはできませんが
前もって計画をきちんと立てて
その通り行うことで記帳の際もスムーズに行えます。

今は記帳に必要なことを前もって整理しておくことで
記帳の際にわからなくならないようにしています。
お酒の世界は製造の面だけではなく
こういった部分も非常に複雑ですが
酒税の勉強をしながら作業をしてい行きたいと思います。



さて、「酒屋大賞2023」という企画を御存じでしょうか?
「本屋大賞」は聞いたことがある方もいると思いますが
それの酒屋さんバージョンで、酒屋さんが選ぶ日本酒の大会。
全国の酒屋さんやそこで働く人であれば投票できるようです。

酒屋大賞2023 HP

以下HPより抜粋


『酒屋大賞』は全国の日本酒の流通に携わるプロフェッショナルが集い、
今消費者に最もお薦めしたい酒蔵を選ぶアワードです。
全国の酒販店員 (パート・アルバイト含む)によるWEB投票と、
利酒による本選投票によって選ばれます。

日々情熱を持って日本酒と向き合う酒販店員だからこそ、
心からお薦めしたいこだわりの一本がある。
そんな一本を生み出す酒蔵が全国から集結し、
プロフェッショナルたちによってその年の一番の酒蔵を決める、
これまでにないまったく新しい取り組みです。


私たちは投票できないのですが
酒屋さんという立場のプロが選ぶ1本が選ばれるのは面白いですよね。
知名度的に福司が入ることは無いでしょうが
それでも酒屋さんに押していただけるお酒になることで
もしかすると狙える?(笑)

是非釧路の酒屋さんやそこに働く人たちも
投票してみて欲しいなと思います。


この酒屋大賞を運営するところのnoteの最後の文章には
「酒屋がカッコイイ世界を創っていくための第一歩に。」という一文が
業界全体が盛り上がる方法を考えて行われるこの会。
とてもいい取り組みではないでしょうか?

note記事:『酒屋大賞』を開催します

私たちも五色彩雲というブランドは日本酒を専門に扱うTHE酒屋さんに
お取り扱いいただく特別なブランドとして出しています。
こんな田舎でもやはり酒屋さんに輝いてほしいし
酒屋さんという存在は大事です。
私たちが造るプロならば売るプロですから
消費者の皆様により近く、より私たちの言葉を代弁して
伝えてくれる存在の酒屋さん。

そこにも熱心な若い人材が集まれば酒屋だけじゃなくて
酒蔵だって熱くなります!
是非一度、この酒屋大賞の内容を読んでみてください。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社