fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

しぼりたて生酒発売されました。

昨日、ブログを更新しようと思っていたのですが、
私用で帰らねばいけず更新でいずに終わってしまいました。
途中までは書いていたので昨日の続きを書き足して更新します。



先週、しぼりたて生酒が発売となりました。
SNSでは「飲みました!」という内容の投稿が出て
製造部一同感想などをチェックさせてもらっています。

例年ですと一週間ほど早いため
まだ大吟醸の仕込みが行われてていなく
市場調査も兼ねたキャラバンが可能ですが
今年はちょうど大吟醸酒の麹造りで泊まり込み真っただ中・・・・
ちょっとした休憩時間にSNSチェックをしています(笑)

しぼりたて生酒も生酒なので、実は少しずつ酵素反応により変化しています。
搾ったばかりの時と瓶詰時、そして製品となっての今では
少しだけ表情が異なるのですが
そこを知れるのは製造部で働いているメンバーくらいでしょう。

しぼったばかりのしぼりたてはもう少し荒く角があります
香も若干異なります、私の印象では発売後の方が少しフルティーです。
酵素反応の促進によりやや甘さも増します。

福司のしぼりたて、他のお蔵さんのしぼりたてと比較されることも多いです。
いや~もちろんそうですよね。
この時期どのお蔵さんも出しますから。

造っている側からすると乗っている土俵が違うので
純米吟醸表記のモノと比較されても・・・・とは思ったりもしますが
それでも個人的にはうちのしぼりたては十分戦えていると思っています。


さて今年のしぼりたて、「ここが苦労した!」という所は
米質かな?と思います。
溶けにくいという事からしっかり溶かそうとしました。
実際は思ったよりは溶けていませんが・・・・

溶けにくいという事だったので吸水を増やす方法をとるにも
麹造りで苦労するので洗米はかなり気を使って行ってもらっています。
大吟醸と同じ工程(方法)で洗米してもらっています。
これはしぼりたて生酒に限らずですが、今年の米の質から考え
その方が最終的な酒質も上がるであろうという事で行っています。

これによって麹造りの質が上がり酒質にも少なからず影響している
というのが私たちの考えです。
米質が安定するのと米糠の落ち方が違うので
捌け方が大分違います。特に捌けが悪い米を使用しているので
少しの差が大きいです。

あと今年は仕込み初めが温かく醪の管理でも苦労しました
正直前半はかなり大変でしたね。
ただここ数年のデータから1本あたりの仕込み量を変えていたので
これも醪の経過コントロールにプラスの結果になっていたと思います。
昔のままなら悲惨でした。

もちろんその他のデータから理想の経過や
数値のを割り出して管理をしたため
追い水をここ数年の中ではかなり抑えています。

ただこれらのデータも、実は皆さんの評価のお声から
しぼりたての味わいの傾向や数値などを記録しています。
いわゆる良いと言われた年のデータを参考にしているという事です。

もちろん厳しい意見も必要で
反省点として受け入れて修正する際に使用しています。


造って終わり、市場に出して終わりではなく
実際に飲んでいただいた皆さんの声を拾うことも
実はしぼりたてや活性酒などの季節商品(1年に一度しか仕込まないので)には
大事なことなんですよ。

ちなみに。私たちももちろん他のお蔵さんのしぼりたての唎酒をします。
製造部のほとんどが生のお酒よりも火入れや燗酒を好む傾向から
あまり飲む機会は少ないですが
勉強させていただいています。

さて、蔵では大吟醸の仕込みや麹造りの時期となり
各担当部署で忙しい毎日を送っております。
2月に入れば一段落なのでそこまで頑張ります。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

採用情報バナー
■ 採用情報はコチラから

五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。

しぼりたて生酒は『地域限定ヌーボー』!?本日発売

49676573_2111956345565806_4980539072528252928_n_20240119170343f3f.jpg


皆さまこんにちは。
今日は人生の中でトップ5には入る濃厚な一日となりました。
もう色々なことがありすぎて早く寝たい(笑)
その内容は後程ブログに書く時間があれば~ということで、
先にこちらから。

さて本日、ことしのしぼりたて生酒の発売日となりました。
毎年一月の上旬に福司としては珍し生のお酒の発売日です。
今年は暦の都合上、例年よりも一週間遅れての発売となり
発売時期が大吟醸の泊りの時期と被ることとなりました。

(ということで、発売日に繰り出すキャラバンは出来ません)


地元の酒好き(?)はこの時期同時に発売する根室さんのしぼりたてと
福司の利き比べをするのが楽しみの方も多いでしょう。
弊社のしぼりたては地元ならどこでも買えることを大事にしている新酒です。

そもそもはいつもご愛飲いただいている地元の皆様に向けて
今年の新酒を味わっていただくという地域限定ヌーボーなわけです。
未だにこういう形をとっているのは珍しいかもしれませんね。

造り手としては、全国津々浦々の酒蔵さんが
この時期にお出ししているしぼりたてや生酒を
色々利いていますがその多くは純米や純米吟醸酒。
1本1700円~2000円位の価格です。


弊社のは1200円くらいです。この価格帯も
出来るだけ多くの人に新酒を楽しんでほしいという
昔からのポリシーがあり、純米での提供をしておりません。

純米でしぼりたて造ればそれなりの価格帯になってしまい
気軽に楽しんでもらえなくなってしまいます。

そんな私たちのしぼりたてや活性酒を東京のとある酒屋さんは
珍しくて逆に良いと言ってくださっています。
少し前は純米じゃなきゃという一部の方もいましたが
その蔵の味わいとして受け入れてくださる方も増えてきている中
その歴史やストーリーも含めて蔵のカラーとして見てもらえる時代になってきました。

ポリシーをもって行ってきたからこそ
それが特徴となることもあるんだと
改めて自社製品にプライドを感じる出来事でした。



さて今年のしぼりたて生酒(「きざけ」と読みます)についてですが
今シーズンの初めころ、ブログにも書いていたかと思いますが
米が硬いので味気ない酒にならないように~と気にしながら作っていました。

溶けない年のしぼりたてはどうしても旨味がなく端麗だけどニガ渋が多い酒になります
出来れば、味のある初見で飲んだら純米と間違えそうな酒質を1つの目安としていました
地元ではもう少し淡麗な吟醸のような酒質が好まれますが
もう少し純吟のような酒質で食事にも合わせやすく
旨みを感じるようにと思っています。

今年は蛋白が多く、アミノ酸が出やすいです。
アミノ酸が出ると旨味が多く、貯蔵したら酒質が良くなったり
燗酒にすると上がるのですが・・・・しぼりたて系の酒質には少ない方がいいかな?と思います
そのアミノ酸のバランスをどう味としてとるかというのが
工夫しているところでしょうか。

皆さんの感想を来年度のしぼりたてに反映し
より旨い釧路のしぼりたてを造ってきたいと思います。



時間になってしまったのでまた明日!
私たち蔵人の代わりに、弊社商品のキャラバンをしてくれた方がいましたら
感想をお待ちしております。

それは良い週末を!!

ちなみにネット販売は1月24日10時から数量限定で行われるようです
詳しくはオンラインショップで。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

採用情報バナー
■ 採用情報はコチラから

五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。

来月は活性清酒「純生」が発売されます!

今日も無事におわりました。
仕込みが忙しいわけではないのですが
準備を並行して行っているので
やることがたくさん残っています。
そしていよいよ搾りも近くなりいつでも搾れるように!と思うと
やることが沢山(笑)

ある程度進めば毎日の作業をきっちりやるだけでよくなるので
もう少しの辛抱ですね。
12月上旬に発売予定の活性清酒「純生」
福司のにごり酒で新酒の第一弾として発売いたします。

北海道内で活性のあるにごり酒を出しているのは私が知る限りでは
ニセコさんの「えぞの誉」と、うちの活性酒くらい。

にごりのまま出すので搾る手間的なものが省かれているようにも感じるでしょうが
詰めたりするのも結構手間がかかっています。
造りの方でも程よく活性を残すというのが難しく
吹き出すほどまで行かないけど
シュワシュワするってところまでもっていくのが
実はすごく難しい。

詰めた後の管理とかでコントロールするお蔵さんもあるともいますが
色々な活性系のにごり酒を買って飲んだけど
本当に上手なところは神がかっている。
かなり研究されているのだろうなと思います。


そんな活性酒の醪ですが
今年本当にいい香りがしていて、まぁ美味そう。
色々な条件が重なっているのですが
最終的に味わいが良ければ、また一ついいデータになるなと楽しみです。

ちなみに醸し屋は活性酒が発売してすぐよりも
正月くらいまで寝かしておく方が好きです。
その方が瓶内2次が少し進んで
シュワシュワ系になります。

ただし!暖かいところで保存してしまうと発酵が過剰となり
開栓時吹き出すことも・・・・
管理は自己責任でお願いしますね!!

五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。
」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

神秘性や普遍性

IMG_1301_20231005174541a33.jpg

沢山のMashuのご注文を頂いております。
ラベル申請も終え、ラベル貼りなどもしてもらってました。
今回も数量限定でAshiriと同じくらいの数量でご用意しております。


昨日のブログでもちらっとお書きしましたが
Mashuは北海道産山田錦を使た山廃酛仕込みの純米酒になります。
昨年度の未完成は純米吟醸系で仕込みをしていますが
今シーズンは精米歩合も60%にしました。

今回の検証テーマは
北海道で作られた山田錦の貯蔵による味の変化です。
山田錦の多くは大吟醸酒で使われることが多いです。
それは大吟醸酒系を作りやすい米だからなのですが
北海道の山田錦のポテンシャルを知るためには
大吟醸酒だけではなく純米酒などもっとシンプルなもので検証すべきでは?と思っています。

山田錦は北海道では育たないと言われていましたが
芦別加藤農場さんで挑戦、何年もかけてお酒を造れるまでになりました。
酒米の王様と言われている山田錦が
北海道の土地や気候でどのような味わいになるのか?
気候が変動して数十年後には北海道が産地として有名になるかも?しれません
今年は特に高温の日が続き
北海道でも高い気温が推移、これにより本場兵庫県に近い気温経過となったようです。

変化する北海道の食文化に相応しい地酒を目指す五色彩雲シリーズ
北海道で行われる新たな挑戦を影ながら応援しています。


さて、このMashuはきれいな水や自然という物語を込めています。
それに加え神秘性や普遍性といった部分もあるのです。
それもすべて水に係わるストーリーなのですが
Mashuの由来もなっている摩周地域にあるカルデラ湖「摩周湖(ましゅうこ)」は、
水が流れ入る川も出る川もありません。

そうなれば湖の水の量は気候によって変動するはずですよね?
しかし摩周湖の水は常に一定量で減りも増えもしない神秘性の高い湖。
それは摩周湖の水が自ら地底に濾過水として入り
その水が湧き出るという循環をしているからだそうです。

水の量が一定な神秘性と普遍性を持った湖は
変化してていないわけではなく、実は常に変化し循環し続けることで
保たれているのです。

ここが大事な部分で、
「変化しないことは変わらない事ではなく
変わり続けることにある。」というメッセージをこのお酒に込めています。

どこか懐かしく飾らない酒質ですが
その裏には北海道で山田錦をつくるという挑戦と
その米を新たな北海道の歴史や文化として
お酒にする挑戦があるのです。


それを感じさせない澄んだ水のような酒質
それが五色彩雲シリーズのMashuです。


五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

Mashuは原料に道産山田錦を使用

本日は雷を伴う大雨だった釧路
蔵の屋根からは滝のように雨水が流れる中
蔵では冷却マットを巻く作業をしておりました。
準備作業をしてもらい醸し屋は別作業をしていると
「準備万端!」と意気込んで「カズマさんやりますよ!」と呼び出しが
いざ現場に行くとあれ?なんか違わないか?
結局、色々修正点があり結局万端ではないという話。
「これで来年は間違わないな!」と前向きというか、なんというか。
たまにそういう部分が出てくるので要注意(笑)


さて、Mashuですが商品の撮影はまだ行っておりません。
今後ブランドページの作成予定なので、準備はしておりますが
スケジュール調整中です。

私のスマホで撮ったものですが
商品カットというかイメージを今日は添付します。
明日金曜だから明日のほうが良いけど。。。。
まぁ明日も貼ればいいですね!


IMG_1301_20231005174541a33.jpg
五色彩雲 Mashu  

今回の和の色は「縹色(はなだいろ)」を採用しました。
縹色は古くから知られた藍染めの色名で、
藍色よりも薄く浅葱色よりも濃い色のことです。
古くははなだ色、平安時代は縹色、江戸時代は花色と色名を変えて伝わってきました。

青色の中でも藍染で使われており
一般的に使われていたため、親しみやすい色ではないかと思います。

海外の色に比べると日本の色はくすみがあるというか
トーンが低い、と言えばいいのか、いい意味で柔らかな色合いと思います。


摩周湖と言えば摩周ブルーと言われる
もう少し明るい色のサファイアブルーと言われています。
サファイアブルーってすごくきれいな青なんですが
実際摩周湖を見るともう少しくらいというか重い色
晴れて条件が整うと明るい青なのですが
晴れている日が少なく、晴れた摩周湖を観れた婚期が遅れると言われるくらい
綺麗な摩周湖には出会える機会がありません。

そんな地元の人間からしたら摩周湖のイメージは縹色とかに近かった。
ただ写真のように光が当たると綺麗な青に見えるところも
実際の摩周湖に似てますね。


今回の仕込みは「山廃仕込み」
北海道産の山田錦を使用
精米を60%ととし、吟風のNusamaiと飲み比べをしてもらいたい。
米質の違いも大きく出ているし
山田錦特有の味わいが出ています。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社