北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

来蔵

IMG_6836.jpg

本日、懐かしい方がはるばる和歌山よりお越しです。
最近の雑誌の日本酒特集とうでも、顔なじみの銘柄の蔵元さん。
最近出版された本にメッセージを書いてもらっています!


というわけで、今日はブログお休みします!!(笑)



【求人募集終了のお知らせ】
2015年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

詳しくはまた後日!!
あ!6日はキャンドルのイベントですよ!お忘れなく!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

出会いと甑倒し



IMG_5135.jpg


日曜日。
素敵な出会いに恵まれました。


釧路でも美味しいお店をあげるとしたら
必ず上位に出てきそうな、
素敵な飲食店のシェフの方々と
厚岸で美味しい牡蠣を作っている方、
十勝でマッシュルームを作っている方、
帯広の中国料理のシェフの方、
あとは池田町と白糠町の方たちなど釧路だけではなく
道東各所から集まった方々との出会いがありました。



そんな素敵な皆様と、これまた醸し屋も好きな
玩味(ワンウェイ)さんでの食事会。
参加者が持ち寄った食材を使った料理と共に
もちよったお酒を楽しむといった形式です。



もちろん醸し屋は福司を持参!
会に誘ってくれた先輩が、蔵解放日限定のたれ口を数本もってきてくれました。
はじめは緊張していましたが、お酒が進むにつれて
色々な話を聞かせていただきましたよ。


そんな中で『たれ口』が大好評で、
嬉しいお言葉も沢山いただけました。
釧路でも名高いお店の方々に、改めて福司を評価していただけると
やはりうれしいですね!



フレンチやイタリアンのシェフの方々なので
お店に日本酒はないのですが
『たれ口を食後酒として提供したいくらいだよ~』と
言っていただけたのにはびっくりです。



まだまだ、釧路でも福司をちゃんと知ってもらう機会が
必要なんだというのも感じました。
これからもいろいろな出会いを大切にしたいと思います。




そして今日!
ついに甑倒しでした!!!!
今シーズン最後の賄いは、
何と生ちらし!!!!




IMG_5138.jpg




久々のイクラ、美味しかった~
全てが終わる皆造(かいぞう)までは1ヶ月くらいありますので
これからも安全に作業できるよう頑張りたいと思います。
ひとまず、お疲れ様でした!!!!!!






【求人情報!!】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎いたします♪まずはお問い合わせください!


■資   格   短大・高専卒業以上を希望(出来れば理系)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

まずは履歴書をお送りください。

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社


最後まで読んでいただきありがとうございます!

シェフの皆さんの話って美味しい話ばかりなんですけど
話だけで実際に食べれないのが悔しい(笑)
お腹空いているときはダメですね(笑)

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------

banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ  

乾杯!僕の嬉しい瞬間


IMG_4409.jpg


『僕の嬉しい瞬間』
仲間や友人と福司を飲めること。


仲間や友人といっても
ほとんど目上の方々なんですが
意欲的でいろいろな活動をされている方々と
『肉を食べる』という名目で集まりました。



その2次会での光景。
蕎麦居酒屋の明松さんで美味しい出汁巻き玉子をいただきながら
福司の特別純米酒で乾杯!!!
蕎麦で日本酒、やっぱり好きだなぁ~



日本酒で乾杯すると
不思議と人との距離感が近くなります。
まぁ、早い話酔っ払うのが早いだけかもしれませんが
人との輪ができやすくなり、関係性を和らげる気がします。
なんだろう、同じ日本酒を飲むと団結力が出るというか・・・・
そんな感じしません?w



今回の会で一番印象にのこている会話が
人との関係性について。



人とのつながりによって、いろいろなことを学んだり
世界が広がり夢がかなったり
あるいは新しい世界を知ったり。

人との出会いの多い人は
人を呼び込む力がある。
それはどうしてか?

それは、今目の前の人と全力で向き合い
大事にすることじゃないか?という結論になりました。


すごく面白い人、すごく行動力のある人
魅力のある人たちや信用できる人には
同じく信用できる人、魅力のある人を会わせたり
紹介したくなりませんか?


あの人にこの人を会わせたら
すごい化学反応を起こすかも!とか
すごい面白い会話を聞けそう!とか。


これからも人との絆を大事にしていこうと思います。
そして福司が皆さんとの絆を深める役割になってくれたらうれしいです。
さぁ!日本酒で乾杯しましょう!!!
福司で絆を深めるんだ!!!





【求人情報!!】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎いたします♪まずはお問い合わせください!


■資   格   短大・高専卒業以上を希望(出来れば理系)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

まずは履歴書をお送りください。

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

明松さんに活性酒の発売日を告知してきたので
蕎麦と活性酒を楽しめるかもしれません!
活性酒発売したら行かなきゃ!!w

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

放浪記の吉田さんが・・・・福司に・・・キターーーーーー




吉田さん


そういわれて皆さんは誰を思い浮かべますか?
全国でも沢山いらっしゃるでしょうが
日本酒の世界で有名な
吉田さんといえばあの方しかいませんよね!!?



お酒好きには神様のような方でしょうw



あの“酒場放浪記”で有名な吉田類さんが
本日、蔵におこしになりました。


『なぜ福司に!?』とお思いの方もいらしゃるでしょうね。
実は平成21年7月より北海道酒造組合とホクレンさんで行っている
北海道の清酒・酒米の道内消費拡大をめざす運動“酒チェン”という活動の中で
現在“Otone”という雑誌内で“吉田類の道産酒放浪記”という
特集をおこなっております。


もうすでにシリーズ2まで終わっており、
次回のシリーズ3として福司の製造課長(杜氏)との対談がのります
その取材のため吉田類さんが蔵におこしくださったというわけです。



なれない取材(撮影)で緊張する課長に
やさしく『笑顔で(^-^)』でと声をかける類さん。
少しずつ緊張もほぐれて笑顔になっていく課長
類さん、撮影中は素敵なオーラが出てましたよ!
立ち振る舞いが違うんですよw
さすがです!!


P8272233.jpg


醸し屋は、ブログのための取材とアシスタント的役割をしてました。
小道具とかね、必要になったら探したり、もってきたりという作業ですね(笑)


取材も無事に終えて、類さんにも試飲をしていただいたり
和んできたところで、サインをおねだりしちゃいました。


P8272252.jpg


売店に飾れるように色紙にサインをいただいて
その後には帆前掛けにもサインをw


快く受けてくださった類さん。
ただ、白いマジックで帆前掛けには書きづらいらしく
「これはしみ込んじゃうんだよね・・・」といいながらも
時間をかけて書いてくださいました。


福司×吉田類さんのコラボ記事がのるOtoneの発売日は
9月15日です!!!!さぁ!!
買いましょう!永久保存版ですよw



お中元バナー2012
 2012年 福司のお中元特集

2012プリンTOPバナー
 日本酒を使った大人のスイーツ (子供も食べれます)

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。目指せ70位!!

まさか福司に吉田類が来てくれるとは!!!!
吉田さんのこと知っているよっというかたは
応援クリックをポチッとお願いします!!
放浪記でも福司飲んで欲しいなぁ・・・・
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・83位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif お酒の情報サイト - ほろよい。
 

いつか大倉さんと共に・・・・醸し屋カズマ関西旅行記


DSC_0599_20110519172053.jpg
“醸し屋カズマ関西旅行記”続編、第4弾
(いったい何弾まで続くのか??)


ビューティーバーでのお話。
「カズマさん、明日はどうされるんですか?」という酒恋倭人様の問いに
まーーーーーーたくノーーーーーーーーーーープランで来た醸し屋は
特に予定はないものの、京都観光でも良いかな?ってくらいしか考えてこなかったことを伝えると
折角なので蔵めぐりでもとご提案していただきました☆



酒恋倭人様なら、きっと一般の方や
醸し屋がネット検索するよりも良いお蔵さんをご存知でしょうし
何より一緒に誰かいてくれるのは知らぬ土地ではありがたいです。



ということでお言葉に甘えお願いすることにしました。
どんな蔵がいいのか?という話から
折角でしたら工場のような蔵や
見学施設のような蔵よりも
地域の方に愛されている、そんな蔵に行ってみたいですというと


酒恋倭人様は迷わず
「では奈良の大倉さんはいかがでしょう?」とご提案してくれました!
実は大倉さん自体はブログを通じ少し面識があり
僕も結構興味のあるお蔵さんだったので
醸し屋的にもガブリ!っと食いついちゃいましたね!



しかし、この日はちょうど“濁酒”というスッゴイ濁り酒の出荷準備の日で
大倉さんは大忙しの日・・・・
見学を受け入れてくれるだろうか??


この濁酒が凄い!
前に酒恋倭人様が送ってきてくださったのを飲んだのですが
わかりやすく言うと酒蔵の造った濁酒です
福司の活性酒はトロッと飲む濁り酒ですが
大倉さんの濁酒は飲むというより食べるに近いお酒!
米のツブツブが残っているお酒なんです。


また、これが人気なんですよね~~~~



その人気なお酒の出荷日ということで
本当に忙しかったにもかかわらず快く受け入れてくださったんですよ。
正直、自分だったらお断りしてしまうかもしれません!ってくらいの忙しい中
本当にありがとうございます。
結構無理言ったと思うんです(^-^;)




蔵について敷地内に入ると
そこはもう、北海道の蔵とは異なり
歴史の深い家屋のつくり。
お話では民家のつくりだそうです。



水場やおトイレが外にあったり
土間のようなスペースがあったり
とても新鮮な建物のつくりに
なんだか興奮してしまいました。


入ってすぐ、一人の女性が出迎えてくださいました。
僕が知っている(ブログ内でですが・・・)大倉のKMYさんの奥様です。
KMYというのはハンドルネームでしょうか?
酒恋倭人さんのお話では釜屋(KAMAYA)さんを文字って
KMYさんなんだとか。そうだったのか!!!

本来ならば忙しくて手が離せないような状態にもかかわらず
仕事を中断し、来客を受け入れる
そんな大倉さんの皆さんの姿勢に心を打たれました。
きっとこういう姿勢が根強いファンを育てているんでしょうね。
出だしからすでに見習わなくては!ってところだらけです。



まずはウチのお酒を利いてってくださいと
休み場のようなところに通していただきました。
その机の上にはずらりと並ぶ“大倉”のお酒

DSC_0604_20110519172053.jpg

こっ・・・・・こんなにですか!!(゚ロ゚屮)屮

試飲ではなく「利いてください」の言葉の意味。
蔵の気持ちがその言葉からも感じられます。


試飲というと直結は販売の方な気がします。
飲み手にとって美味しいかそうじゃないかだけというか・・・
でも、利いてくださいというのは意味的に違うように思うんです。
“酒の質をみてほしい”という想いがとっても強い言葉じゃないでしょうか?

僕も今後は試飲ではなく、利き酒としてお勧めしようと思います。
そんなことを考えながら
1つ1つ利き酒させていただきました。


当たり前ですが、まったく福司と酒質は異なります。
福司はスッキリサラリ系統なんですが
大倉さんはドスのあるというか重量感のあるお酒。


味がしっかりして輪郭が濃いというか
厚いので、大倉さんの古酒も利き酒させてもらったのですが
古酒の味がまたいいんです。
香りは古酒なんですが、味はしっかりしてるんですよね。

すばらしい。
なるほど。




福司とはほぼ逆の位置じゃないでしょうかね??


そして、福司のお酒に足りないものを持ってる酒。



個人的には重い酒は飲みなれないせいもありダメなんです。
進まないんですよね。でも、大倉さんの雄町はいい。
福司にもあの感じがあればもっと幅が出ます!!

そうか、ウチの社長が言う
“酸のある酒”の意味が少しわかりかけた気がします。
これが欲しい。この味がウチにも欲しい。



そんな中、何かが見えてきました
前日に小林商店さんの専務さんとお話した内容と
今回の大倉さんのこの味わい。

そうか、こういうコンセプトの酒があっても良いし
それが今後の北海道の酒には必要になってくるのでは?というもの。
まだ醸し屋の中にしまって、徐々に育てていこうと思います。


そんなこんなで酒恋倭人様と利き酒をさせてもらい
一通り終わった頃にKMY様が
作業の合間に来てくださりました。


きっと貴重なお昼時間を削ってくださったんだと思うのですが
その時間を使い、蔵の案内をしてくださいました。



大倉さんも過去にはものすごい量の日本酒を作られていたそうです
しかし、今では数量も変わってきているものの
設備は一緒・・・・

小さく小回りのきく仕込がなかなか出来ない。
そんな環境がちょっと福司とも似ています。
そんな話をしながら色々と見せていただきました。


びっくりするくらい大きな酛部屋や
びっくりするくらい大きなタンクw

酛部屋なんか福司の6倍くらいの広さです!!!
本当に広い。

DSC_0616_20110519172050.jpg

写真は大倉さんのフナ場。
圧搾機も昔はもっと大きかったそうですが
いまは福司と同じくらいの大きさまで縮めたそうです。



本当に見学の合間に色々な話をしていただきました。
実はお会いするまではすっごく緊張していたんです。
話についていけなかったらどうしよう・・・って不安にも思いました。

でも、KMYさんは説明が凄く上手で
すっかり引き込まれちゃいました。



最後に、利き酒をさせてもらった部屋に国旗が飾ってあったのですが
そこに蔵に訪れた方々のメッセージが書かれていました。
醸し屋もそこに一言書いてくださいといわれたので
記念と、今回出会えたこの縁を残すためにも
一言書かせていただきました。

気持ちでぶつかってきてくれたKMYさんに
ちゃんと気持ちで答えたく
率直な気持ちを書きました。

DSC_0605.jpg


“大倉さんといつか共に”


いつか福司も全国へ
そしてその時には大倉さんと同じ土俵、夢、目標etc・・・
共有できる間でありたい。
そんな醸し屋の気持ちを書きました。


全国にはこういうお蔵さんがまだまだあります
福司が埋もれないよう、がんばらねば!!!

大倉さん、今回は本当にありがとうございました。
福司も日本の端っこからがんばります!!


--------------------------------------------
株式会社 大倉本家

奈良の地酒 「金鼓きんこ」「大倉 おおくら」の醸造元
〒639-0227
奈良県 香芝市鎌田692
TEL 0745-52-2018 / FAX 0745-78-0019
--------------------------------------------





【追伸】
今週末、釧路で日本酒の会が開催されます。
今回は1つのお蔵さんがテーマのようです。
醸し屋もこちらのお蔵さんには興味があるので
日本酒好きのあなた!ぜひ参加してみてください!
詳しくはこちら



【限定各60本】鑑評会金賞受賞酒 山田錦45% 720ml ">月の満ちかけa
【限定各60本】鑑評会金賞受賞酒 山田錦45% 720ml
彗星40% 720ml
斗瓶どり残りわずかになってきました!
お早めに~~

無題1
 特別本醸造無濾過 吟香造り 霧想雫(むそうだ) 720ml

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

大倉さんを知らなかった方も、次世代の蔵が
良い酒をつくり、成長していったら良いね、楽しみだよ!っと応援してくれる皆様は
日本酒を盛り上げるためにもこちらをポチッと応援クリックお願いします!!(>ω<)ゞ
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!


上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・99位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif